テンプレートから新規仮想マシンをデプロイするプロセス、または既存の仮想マシンのクローンを作成するプロセスで、仮想マシンの Linux ゲスト OS をカスタマイズできます。

始める前に

カスタマイズの要件をすべて満たしていることを確認します。ゲスト OS のカスタマイズ要件 を参照してください。

この手順を実行するには、仮想マシンのクローンを作成するときか、テンプレートをから仮想マシンをデプロイするときに、カスタマイズ ウィザードを起動します。

手順

  1. 既存の仮想マシンのクローン作成ウィザードの [クローン オプションの選択] ページで、オペレーティング システムのカスタマイズ を選択して、次へ をクリックします。
  2. ゲスト OS のコンピュータ名を入力します。

    オペレーティング システムは、ネットワーク上でオペレーティング システムを識別する方法として、この名前を使用します。Linux システムでは、これはホスト名と呼ばれています。

    オプション

    操作

    名前を入力

    1. 名前を入力します。

      名前には、英数字とハイフン (-) を使用できます。ピリオド (.) や空白スペースは使用できません。また、数字以外の文字や記号も使用する必要があります。大文字と小文字は区別されません。

    2. 確実に名前を一意にするには、数値を付加して一意の値にする を選択します。この処理により、仮想マシン名の後にハイフンと数値が追加されます。名前が数値と組み合わせて 63 文字を超える場合、切り詰められます。

    仮想マシン名を使用

    vCenter Server が作成するコンピュータ名は、ゲスト OS が実行されている仮想マシンの名前と同じです。名前が 63 文字を超える場合、切り詰められます。

    クローン作成/デプロイ ウィザードに名前を入力

    クローン作成またはデプロイの完了後に、vSphere Web Client のプロンプトで名前の入力が求められます。

    vCenter Server で構成されるカスタム アプリケーションを使用して名前を生成

    カスタム アプリケーションに渡すことができるパラメータを入力します。

  3. コンピュータの ドメイン名 を入力し、次へ をクリックします。
  4. 仮想マシンのタイム ゾーンを選択し、次へ をクリックします。
  5. ゲスト OS に適用するネットワーク設定のタイプを選択します。

    オプション

    操作

    標準設定

    標準設定 を選択して 次へ をクリックします。

    vCenter Server によって、すべてのネットワーク インターフェイスがデフォルト設定を使用して DHCP サーバから構成されます。

    カスタム設定

    1. カスタム設定 を選択して 次へ をクリックします。

    2. 仮想マシンのネットワーク インターフェイスごとに、省略符号ボタン (...) をクリックします。

    3. IP アドレスとほかのネットワーク設定を入力して、OK をクリックします。

    4. すべてのネットワーク インターフェイスが構成されたら、次へ をクリックします。

  6. DNS とドメイン設定を入力します。
  7. カスタマイズしたオプションを .xml ファイルとして保存します。
    1. このカスタマイズ仕様をあとで使用するために保存します を選択します。
    2. 仕様のファイル名を指定して、次へ をクリックします。
  8. Finish をクリックして、変更内容を保存します。

タスクの結果

テンプレートのデプロイ ウィザードまたは仮想マシンのクローン作成ウィザードに戻ります。カスタマイズは、テンプレートのデプロイ ウィザードまたは仮想マシンのクローン作成ウィザードの完了後に終了します。

新しい仮想マシンがはじめて起動するとき、ゲスト OS は、カスタマイズ プロセスを完了するためにファイナライズ スクリプトを実行します。仮想マシンは、このプロセス中に何回も再起動することがあります。

新しい仮想マシンが起動したときに、ゲスト OS が一時停止した場合は、不正な製品キーや無効なユーザー名などのエラーの訂正を待機している可能性があります。仮想マシンのコンソールを開き、システムが情報を待機しているかどうかを確認します。

次のタスク

新しい仮想マシンの起動中にカスタマイズ エラーが発生した場合、ゲストのシステム ログ メカニズムを使用してそのエラーが報告されます。そのエラーを表示するには、/var/log/vmware-imc/toolsDeployPkg.log を開きます。