仮想マシンは、最大で 4 つの仮想シリアル ポートを使用できます。仮想シリアル ポートは、物理シリアル ポートまたはホスト コンピュータ上のファイルに接続できます。また、ホスト側の名前付きパイプを使用することで、2 台の仮想マシンを直接接続するか、仮想マシンとホスト コンピュータ上のアプリケーションを接続することもできます。さらに、ポートまたは vSPC URI を使用して、ネットワーク経由でシリアル ポートを接続することも可能です。

始める前に

  • 必要な権限:

    • 仮想マシン > 構成 > デバイス設定の変更 (仮想マシンが対象)。

    • 仮想マシン > 相互作用 > デバイス接続 (デバイス接続ステータスを変更する仮想マシンが対象)。

このタスクについて

仮想マシンは、構成中にパワーオン状態にすることができます。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想ハードウェア タブで、シリアル ポート を展開して、接続タイプを選択します。

    オプション

    操作

    物理シリアル ポートを使用

    仮想マシンがホスト コンピュータの物理シリアル ポートを使用するようにするには、このオプションを選択します。ドロップダウン メニューからシリアル ポートを選択します。

    出力ファイルを使用

    仮想シリアル ポートからの出力をホスト コンピュータ上のファイルに送信するには、このオプションを選択します。シリアル ポートの接続先とする出力ファイルを参照し、選択します。

    名前付きパイプを使用

    2 台の仮想マシン間の直接接続、または仮想マシンとホスト コンピュータ上のアプリケーションの接続を設定するには、このオプションを選択します。

    1. パイプ名 フィールドに、パイプの名前を入力します。

    2. パイプの 近端 および 遠端 をドロップダウン メニューから選択します。

    ネットワーク経由での接続

    リモート ネットワーク経由で接続するには、ネットワークの使用 を選択します。

    1. ネットワーク バッキングを選択します。

      • 仮想マシンがほかのホストからの受信接続を監視するようにするには、サーバ を選択します。

      • 仮想マシンがほかのホストへの接続を開始するようにするには、クライアント を選択します。

    2. ポート URI を入力します。

      URI は、仮想マシンのシリアルポートの接続先となるシリアル ポートのリモート エンドになります。

    3. 1 つの IP アドレスですべての仮想マシンにアクセスする手段として vSPC を使用する場合は、仮想シリアル ポート コンセントレータの使用 を選択して、vSPC URI の場所を入力します。

    プリンタ

    プリンタ を選択して、リモートのプリンタに接続します。

  3. (オプション) : ポーリング時に CPU を放棄 を選択します。

    シリアル ポートをポーリング モードで使用するゲスト OS のみに対してこのオプションを選択してください。このオプションにより、ゲストが CPU を消費しすぎないようにすることができます。

  4. 仮想マシンのパワーオン時にシリアル ポートに接続するには、パワーオン時に接続 を選択します。
  5. OK をクリックします。

認証パラメータを使用しないクライアントまたはサーバへのシリアル ポート ネットワーク接続の確立

vSPC を使用せず、シリアル ポートが接続されている仮想マシンを telnet://:12345 URI のサーバとして構成した場合、Linux または Windows オペレーティング システムから仮想マシンのシリアル ポートに接続することはできます。

telnet yourESXiServerIPAddress 12345

同様に、Linux システムのポート 23 (telnet://yourLinuxBox:23) で Telnet サーバを稼動する場合、仮想マシンをクライアント URI として構成します。

telnet://yourLinuxBox:23

仮想マシンは、ポート 23 で Linux システムへの接続を開始します。