VMware Tools の自動アップグレードを開始するときに、仮想マシン上で実行しているゲスト OS 内で操作を行う必要はありません。自動アップグレードでは、VMware Tools の以前のバージョンがアンインストールされ、ESXi ホストで使用可能な最新バージョンがインストールされます。また、必要に応じて仮想マシンが再起動されます。

始める前に

次の要件は、アップグレードする各仮想マシンに適用されます。

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS が実行中であることを確認します。

  • 最新バージョンの VMware Tools がインストールされているかどうかを判断するには、仮想マシンの サマリ タブを確認します。

このタスクについて

VMware Tools の自動アップグレードがサポートされるのは、Windows または Linux のゲスト OS を実行している仮想マシンのみです。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、すべての vCenter アクション > ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード を選択します。
  2. 自動 Tools アップグレード を選択します。
  3. (オプション) : 詳細オプション テキスト ボックスに、ゲスト OS 用の詳細オプションを入力します。

    オプション

    操作

    Microsoft Windows ゲスト OS

    /s /v "/qn" /l "Microsoft Windows の場所\ファイル名.log" と入力すると、VMware Tools のサイレント アップグレードを実行し、ゲスト OS 上の指定の場所にログ ファイルが作成されます。

    Linux ゲスト OS

    • --default と入力すると、デフォルトの動作が実行されます。VMware Tools のサイレント アップグレードを実行します。VMware Tools の binlib、および doc のファイルをデフォルトの /usr ディレクトリにインストールします。

    • --prefix=バイナリの場所,ライブラリの場所,ドキュメントの場所 と入力し、VMware Tools のサイレント アップグレードを実行してバイナリ、ライブラリ、およびドキュメントの各ファイルを、指定された場所にインストールします。

  4. OK をクリックします。

タスクの結果

サマリ タブの VMware Tools ラベルが OK に変わります。

重要:

Linux ゲスト OS で VMware Tools をアップグレードする場合、新しいネットワーク モジュールが使用可能になります。ただし、ゲスト OS を再起動するか、ネットワークを停止して、VMware ネットワーク カーネル モジュールをアンロードしてから再ロードした後、ネットワークを再起動するまで、新しいネットワーク モジュールは使用されません。つまり、VMware Tools が自動的にアップグレードするように設定されていても、新しい機能を使用可能にするには、再起動するかネットワーク モジュールを再ロードする必要があります。

この方法によってネットワークの中断が回避されるため、SSH 経由で VMware Tools をインストールできます。

Windows ゲスト OS 上で VMware Tools をアップグレードすると、WDDM グラフィックス ドライバが自動的にインストールされます。WDDM グラフィックス ドライバにより、ゲスト OS の電源設定でスリープ モードを使用して、スリープ オプションを調整できます。たとえば、スリープ モード設定の コンピュータがスリープ状態になる時間を変更 では、一定時間が経過するとゲスト OS が自動的にスリープ モードになるように設定できます。また、しばらくアイドル状態であった後でも自動的にスリープ モードに切り替わらないように設定することも可能です。

次のタスク

仮想マシンの互換性をアップグレードします。