仮想マシンまたは vApp に vService 依存関係を追加できます。この依存関係により、仮想マシンまたは vApp は特定の vService を使用することを要求できます。

始める前に

依存関係を追加する前に、仮想マシンをパワーオフする必要があります。

手順

  1. インベントリに仮想マシンまたは vApp を表示します。
  2. 仮想マシンまたは vApp を右クリックし、設定の編集 を選択します。
  3. 管理 タブをクリックして、vService をクリックします。
  4. [Add] をクリックします。
  5. 新規 vService 依存関係 ウィザードで、この依存関係のプロバイダを選択して、次へ をクリックします。
  6. この依存関係の名前と説明を入力して、次へ をクリックします。
  7. この依存関係が必要な場合は、チェック ボックスをオンにします。

    必要な依存関係をバインドしてからパワーオンしてください。

  8. この依存関係をプロバイダにすぐにバインドする必要がある場合は、検証完了後に プロバイダにすぐにバインド チェック ボックスをオンにします。

    この依存関係をすぐにバインドすることを選択した場合、検証結果が表示されます。検証に失敗すると、依存関係の追加を完了できません。チェック ボックスを選択解除して先に進んでください。

  9. 次へ をクリックします。
  10. オプションを確認し、終了 をクリックして依存関係を作成します。

タスクの結果

新しい依存関係が、依存関係のリストに追加されます。