大容量仮想ディスクまたは 2TB を超えるディスクを持つ仮想マシンで最適なパフォーマンスを得るには、リソース要件および構成要件を満たしている必要があります。

大容量ハード ディスクの最大値は 62TB です。仮想ディスクを追加または構成する場合、常の少量のオーバーヘッドを残してください。一部の仮想マシン タスクでは大量のディスク容量がすぐに消費されることがあり、ディスクに最大ディスク容量が割り当てられていると、タスクを正常に完了できない場合があります。このようなタスクには、スナップショットの作成やリンク クローンの使用があります。最大ディスク容量が割り当てられていると、このような操作を完了できません。また、スナップショットの静止、クローン作成、Storage vMotion、または共有ストレージを使用しない環境での vMotion などの操作も、完了するまでの所要時間が大幅に増えます。

大容量仮想ディスクを持つ仮想マシンには、次の条件および制限事項があります。

  • ゲスト OS で大容量仮想ハード ディスクをサポートしている必要があります。

  • ESXi 5.5 以降のホストまたはそのようなホストを使用できるクラスタに、2TB を超えるディスクを移動またはクローン作成できます。

  • データストア フォーマットは、VMFS5 以降またはネットワーク接続ストレージ (NAS) サーバ上の NFS ボリュームである必要があります。

  • 仮想フラッシュ読み取りキャッシュで、最大ハード ディスク サイズ 16TB をサポートしている必要があります。

  • VMFS3 ボリュームはサポートされていません。2TB を超えるディスクは、VMFS5 データストアから VMFS3 データストアに移動できません。

  • 拡張後の容量が 2TB 以上になる場合は、仮想 SATA ディスクまたは任意の仮想ディスクをホット拡張できません。

  • Fault Tolerance はサポートされていません。

  • Virtual SAN はサポートされていません。

  • BusLogic パラレル コントローラはサポートされていません。