Microsoft Web サイトから Microsoft Sysprep ツールをダウンロードして、インストールしたら、VMware vCenter Server アプライアンスの Web コンソールを使用してファイルをアプライアンスにアップロードできます。

始める前に

必ず、カスタマイズするゲスト OS に適したバージョンをダウンロードしてください。Microsoft では、Windows のリリースおよび Service Pack ごとに Sysprep のバージョンを変えています。デプロイするオペレーティング システムに固有のバージョンの Sysprep を使用する必要があります。

vCenter Server アプライアンスにファイルをアップロードすると、ダウンロードした Sysprep ツール バージョンの CAB ファイルのコンテンツが /etc/vmware-vpx/sysprep/OS に保存されます。たとえば、/etc/vmware-vpx/sysprep/2k または /etc/vmware-vpx/sysprep/xp です。

手順

  1. Sysprep ファイルを Microsoft ダウンロード センターからダウンロードし、ローカル システムに保存します。
  2. VMware vCenter Server アプライアンスの Web コンソールにログインして vCenter Server サマリ タブをクリックします。
  3. [ユーティリティ] パネルで、Sysprep ファイルの アップロード ボタンをクリックします。
  4. Windows プラットフォーム ディレクトリを選択し、ファイルを参照します。
  5. 開く をクリックします。

    ファイルが VCenter Server アプライアンスにアップロードされます。

  6. 閉じる をクリックします。

タスクの結果

既存の仮想マシンのクローン作成時に、サポートされる Windows ゲスト OS で新規仮想マシンをカスタマイズできます。