仮想マシンは、データ センター内にいくつかの方法で作成およびデプロイできます。1 台の仮想マシンを作成し、そこにゲスト OS と VMware Tools をインストールできます。既存の仮想マシンからのクローン作成またはテンプレート作成、または OVF テンプレートのデプロイを実行できます。

vSphere Web Client新規仮想マシン ウィザードおよび仮想マシンのプロパティ エディタでは、仮想マシンのほとんどのハードウェア、オプション、およびリソースを追加、構成、削除できます。vSphere Web Client のパフォーマンス チャートを使用すると、CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク、およびストレージのメトリックを監視できます。スナップショットを使用すると、仮想マシン メモリ、設定、仮想ディスクを含む、仮想マシンの状態をキャプチャできます。必要に応じて、以前の仮想マシンの状態にロール バックすることもできます。

vSphere vApp を使用すると、マルチティア アプリケーションを管理できます。vCenter Update Manager を使用すると、組織的なアップグレードを実行し、仮想ハードウェアとインベントリ内の仮想マシンの VMware Tools を同時にアップグレードできます。

仮想マシンが不要になった場合は、その仮想マシンをデータストアから削除しなくても、インベントリから削除できます。つまり、仮想マシンとそのすべてのファイルを削除できます。