カスタマイズ仕様マネージャを使用して既存の仕様をインポートし、その仕様を使用して、仮想マシンのゲスト OS をカスタマイズできます。

始める前に

開始する前に、vSphere Web Client からアクセス可能なファイル システム上に xml ファイルとして保存された少なくとも 1 つのカスタマイズ仕様がなければなりません。

手順

  1. vSphere Web Client の [ホーム] インベントリ ページで、ルールおよびプロファイル > カスタマイズ仕様マネージャ を選択します。
  2. ファイルから仕様をインポート アイコンをクリックします。
  3. 開くダイアログで、インポートする .xml を参照し、開く をクリックします。

タスクの結果

インポートした仕様が、カスタマイズ仕様のリストに追加されます。