構成を許可するように vApp が設定されており、必要な権限を持っている場合は、vApp に IP アドレスを割り当てる方法を編集できます。

始める前に

必要な権限:vApp > vApp インスタンスの構成

このタスクについて

デフォルトでは、vSphere Web Client で vApp を作成しても、[デプロイ] セクションで IP の割り当てポリシーを編集できません。IP の割り当てポリシーを構成する前に、選択プロトコルの IP 割り当て方法 を変更します。vApp を作成するために OVF テンプレートをデプロイした場合、IP 割り当てポリシーを編集できることがあります。

手順

  1. インベントリの vApp に移動し、vApp 設定の編集 をクリックします。
  2. IP の割り当て の三角形をクリックして IP の割り当てオプションを展開します。
  3. IP の割り当てオプションを選択します。

    オプション

    説明

    静的 - 手動

    IP アドレスを手動で構成します。自動割り当ては実行されません。

    一時 - IP プール

    vApp がパワーオンされると、IP アドレスは指定された範囲から、IP プールを使用して自動的に割り当てられます。アプライアンスがパワーオフされると、IP アドレスは解放されます。

    DHCP

    DHCP サーバを使用して IP アドレスが割り当てられます。DHCP サーバによって割り当てられたアドレスは、vApp で起動された仮想マシンの OVF 環境に表示されます。

    静的 - IP プール

    パワーオン時に、vCenter Server の 管理対象の IP ネットワーク範囲から自動的に IP アドレスが割り当てられ、パワーオフまで割り当てが維持されます。

    [静的 - IP プール] と [一時 - IP プール] は、vSphere プラットフォームによって管理される範囲(ネットワーク プロトコル プロファイル内の IP プール範囲によって指定される)内で IP 割り当てが行われるという共通点があります。違いは、静的 IP プールの場合は最初のパワーオン時に IP アドレスが割り当てられてその IP アドレスが保持されるのに対し、一時 IP プールの場合は必要時(一般にパワーオン時)に IP アドレスが割り当てられてパワーオフ中にその割り当てが解除されることです。

  4. OK をクリックします。