起動動作の遅延は、起動順序などの BIOS または EFI の設定を変更する際に有用です。 たとえば、仮想マシンが強制的に CD-ROM から起動するように BIOS または EFI の設定を変更できます。

始める前に

  • vSphere Web Client が vCenter Server にログインしていることを確認します。

  • インベントリの少なくとも 1 台の仮想マシンにアクセスできることを確認します。

  • 仮想マシンの起動オプションの編集権限があることを確認します。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. 仮想マシン オプション タブをクリックし、起動オプション を展開します。
  3. 起動動作を遅延させる時間 (ミリ秒) を選択します。
  4. (オプション) : 次回仮想マシンを起動したときに、強制的に BIOS または EFI の設定画面にするかどうかを選択します。
  5. (オプション) : 起動失敗時に再起動を試みるかどうかを選択します。
  6. OK をクリックします。