選択したゲスト OS によって、サポートされるデバイスおよび仮想マシンで使用可能な仮想 CPU の数が変化します。ゲスト OS は、新規仮想マシン ウィザードではインストールされません。ウィザードではこの情報を使用して、必要なメモリ サイズなど、適切なデフォルト値を選択します。

このタスクについて

詳細については、http://www.vmware.com/resources/compatibility にある 『VMware 互換性ガイド』 を参照してください。

ゲスト OS を選択する際、オペレーティング システムでサポートされるファームウェアによって BIOS または EFI (拡張ファームウェア インターフェイス) がデフォルトで選択されています。Mac OS X Server ゲスト OS では EFI のみがサポートされています。オペレーティング システムで BIOS および EFI がサポートされている場合、仮想マシンを作成したあと、ゲスト OS をインストールする前に、仮想マシンのプロパティ エディタの オプション タブでデフォルトを変更できます。EFI を選択すると、BIOS のみをサポートするオペレーティング システムを起動することはできません。BIOS を選択すると、EFI のみをサポートするオペレーティング システムを起動することはできません。

重要:

ゲスト OS のインストール後は、ファームウェアを変更しないでください。ゲスト OS インストーラは、インストーラが起動されたファームウェアによって、ディスクを特定の形式にパーティショニングします。ファームウェアを変更すると、ゲストを起動できなくなります。

Mac OS X Server は Apple ハードウェアで稼動している必要があります。Mac OS X Server が他のハードウェアで稼動している場合はパワーオンできません。

手順

  1. ゲスト OS ファミリ ドロップダウン メニューから、ゲスト OS ファミリを選択します。
  2. ゲスト OS バージョン ドロップダウン メニューから、ゲスト OS のシステム バージョンを選択します。
  3. その他 をゲスト OS ファミリとして選択して、バージョンで その他 (32-bit) または その他 (64-bit) を選択した場合は、そのオペレーティング システムの名前をテキスト ボックスに入力します。
  4. 次へ をクリックします。