Solaris 仮想マシンでは、コマンド ラインを使用して VMware Tools を手動でインストールしたりアップグレードします。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS が実行中であることを確認します。

  • VMware Tools インストーラは Perl で記述されているため、ゲスト OS に Perl がインストールされていることを確認します。

  • 最新バージョンの VMware Tools がインストールされているかどうかを判断するには、仮想マシンの サマリ タブを確認します。

  • vSphere 仮想マシンの場合、最新バージョンの VMware Tools を所有しているかどうかを確認します。vSphere Client インベントリで、仮想マシンを選択して サマリ タブをクリックします。

このタスクについて

VMware Tools をアップグレードする前に、仮想マシンが実行される環境を考慮し、さまざまなアップグレード方法のメリットを検討します。たとえば、最新バージョンの VMware Tools をインストールすることで、仮想マシンのゲスト OS のパフォーマンスを向上させて仮想マシンの管理機能を強化できます。また、現行バージョンを引き続き使用して、環境で高い柔軟性を実現することもできます。

手順

  1. VMware Tools 仮想ディスクをゲスト OS にマウントします。

    VMware 製品

    操作

    vSphere Client

    インベントリ > 仮想マシン > ゲスト > VMware のインストール/アップグレード

    vSphere Web Client

    仮想マシンを右クリックし、すべての vCenter アクション > ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード を選択します。

    Fusion

    仮想マシン > VMware Tools のインストール(またはアップグレード)

    Workstation

    仮想マシン > Install (or Upgrade) VMware Tools

    Player

    Player > 管理 > VMware Tools のインストール (またはアップグレード)

  2. インベントリで仮想マシンを右クリックし、すべての vCenter アクション > ゲスト OS > VMware Tools のインストール/アップグレード を選択します。
  3. アップグレードまたは再インストールを行う場合は、VMware Tools のインストール/アップグレード ダイアログ ボックスで Tools の対話型インストール または Tools の対話型アップグレード を選択し、OK をクリックします。

    ゲスト OS で VMware Tools 仮想ディスクをマウントすることで、プロセスが開始します。

  4. 仮想マシンで、root としてゲスト OS にログインし、ターミナル ウィンドウを開きます。
  5. Solaris のボリューム マネージャによって、CD-ROM が /cdrom/vmwaretools にマウントされない場合、ボリューム マネージャを再起動します。
    /etc/init.d/volmgt stop
    /etc/init.d/volmgt start
  6. ワーキング ディレクトリ(/tmp など)に変更します。

    cd /tmp

  7. VMware Tools を展開します。
    gunzip -c /cdrom/vmwaretools/vmware-solaris-tools.tar.gz | tar xf -
  8. インストーラを実行して VMware Tools を構成します。
    cd vmware-tools-distrib
    ./vmware-install.pl

    通常、インストーラ ファイルの実行が終了した後に、vmware-config-tools.pl 構成ファイルが実行されます。

  9. 使用する構成として適切である場合は、プロンプトに従ってデフォルト値をそのまま使用します。
  10. スクリプトの最後の指示に従います。

    使用する機能に応じて、これらの指示には X セッションの再開、ネットワーク処理の再開、再ログイン、および VMware ユーザー プロセスの開始などが含まれます。または、ゲスト OS を再起動してこれらのタスクを実行することもできます。

タスクの結果

サマリ タブの VMware Tools ラベルが OK に変わります。

vCenter Server を使用している場合は、概要 タブの VMware Tools ラベルが OK に変更されます。

次のタスク

大規模なシステム全体のアップグレードの一環として VMware Tools をアップグレードした場合は、次に、環境内の仮想マシンをアップグレードするかどうかを決定します。異なる互換性レベルで使用可能なハードウェアを確認、比較するには、「仮想マシンの互換性の設定で使用できるハードウェア機能」を参照してください。

vSphere アップグレードの一環として VMware Tools をアップグレードした場合は、次に、環境内の仮想マシンをアップグレードするかどうかを決定します。異なる互換性レベルで使用可能なハードウェアを確認、比較するには、『vSphere 仮想マシン管理』 ドキュメントを参照してください。