ネットワーク プロトコル プロファイルには、vApp で使用される IPv4 および IPv6 アドレスのプールが含まれています。ネットワーク プロトコル プロファイルを作成するときに、その IPv6 構成を設定します。

このタスクについて

構成できるネットワーク プロトコル プロファイルの範囲は、IPv4、IPv6、またはこの両方です。vApp が一時的に割り当てられる IP を使用するように設定されている場合、vCenter Server はこれらの範囲を使用して、IP アドレスを仮想マシンに動的に割り当てます。

手順

  1. IP サブネット および ゲートウェイ をそれぞれのフィールドに入力します。
  2. DHCP を使用 を選択すると、DHCP サーバがこのネットワークで使用できることが表示されます。
  3. DNS サーバ情報を入力します。

    IP アドレスをコンマ、セミコロン、またはスペースで区切って、サーバを指定します。

  4. IP プールを有効にする チェック ボックスを選択して、IP プールの範囲を指定します。
  5. IP プールを有効にする場合、IP プールの範囲 フィールドに、ホスト アドレスの範囲をコンマで区切ってリスト形式で入力します。

    範囲は、IP アドレス、ナンバー記号 (#)、および範囲の長さを示す数字で構成されます。たとえば、次の IP プール範囲を指定するとします。

    fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:2b#10,fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b1#2

    アドレスは、次の範囲内になります。

    fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:2b - fe80:0:0:0:2bff:fe59:5a:34

    および

    fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b1 - fe80:0:0:0:2bff:fe59:5f:b2

    ゲートウェイと範囲はサブネット内である必要があります。IP プール範囲 フィールドに入力する範囲に、ゲートウェイ アドレスを含めることはできません。

  6. 次へ をクリックします。