VMware ユーザー プロセスでは、コピー アンド ペースト、ドラッグ アンド ドロップ、およびこれらの機能をサポートする VMware 製品とのユニティが可能です。

このプロセスは、Windows ゲスト OS にログインするとき、または Linux でデスクトップ環境セッションを開始するときに自動的に開始されますが、手動で開始することもできます。

このプロセスのプログラム ファイルは、Windows ゲスト OS では vmtoolsd.exe、Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS では vmusr と呼ばれています。このプロセスは次のタスクをサポートします。

  • ゲスト OS と vSphere Web Client または Workstation、Fusion、Player ホスト OS との間でテキストをコピー アンド ペーストできる。Workstation または Fusion で使用される仮想マシンの場合、ホスト OS と、Windows、Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS との間でファイルをコピー アンド ペーストできます。

  • ゲスト OS と vSphere Web Client 間でテキストをコピー アンド ペーストできる。

  • Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS では、SVGA ドライバがインストールされていない場合、ポインタをつかんだり放したりすることができる。

  • Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS では、フル スクリーン モードで実行している場合、ゲストの画面ディスプレイ解像度を、vSphere Web Client または Workstation、Fusion、Player ホストの画面解像度に合わせる。ウィンドウ モードで実行している場合、ゲストの画面解像度は、クライアントまたはホスト上のウィンドウのサイズに調整されます。

  • Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS では、フル スクリーン モードで実行している場合、ゲストの画面ディスプレイ解像度を vSphere Web Client の画面解像度に合わせる。ウィンドウ モードで実行している場合、ゲストの画面解像度は、クライアントまたはホスト上のウィンドウのサイズに調整されます。

  • Workstation または Fusion で使用される仮想マシンの場合、ホスト OS と、Windows、Linux、Solaris、および FreeBSD ゲスト OS との間でファイルをドラッグできる。

  • ユニティ機能をサポートする VMware 製品の場合、Windows または Linux ゲスト OS でアプリケーション ウィンドウを開いて、ユニティ モードに切り替えると、そのウィンドウを他のホスト アプリケーションのウィンドウのように Workstation、Fusion、または Player ホストのデスクトップ上に表示できる。