作成した仮想マシンは、テンプレートへそのクローンを作成することができます。テンプレートは、すくに使用できる仮想マシンを作成できる、仮想マシンのマスター コピーです。テンプレートには、元の仮想マシンを保持しつつ、ゲスト OS への追加ソフトウェアのインストールなどの変更を行うことができます。

始める前に

負荷ジェネレータが仮想マシンで実行されている場合、クローン操作を実行する前に停止します。

次の権限があることを確認します。

  • 仮想マシン > プロビジョニング > 仮想マシンからのテンプレートの作成 (接続元仮想マシンが対象)。

  • 仮想マシン > インベントリ > 既存のものから作成 (テンプレートが作成される仮想マシン フォルダが対象)。

  • リソース > 仮想マシンのリソース プールへの割り当て (ターゲットのホスト、クラスタ、またはリソース プールが対象)。

  • データストア > 領域の割り当て (テンプレートが作成されるすべてのデータストアが対象)。

このタスクについて

作成後はテンプレートを変更できません。既存のテンプレートを変更するには、そのテンプレートを仮想マシンに変換してから必要な変更を行い、その仮想マシンをテンプレートに変換する必要があります。テンプレートの元の状態を保持するには、テンプレートへそのテンプレートのクローンを作成します。