vSphere Web Client を使用して vSphere Fault Tolerance をオンにすることができます。

始める前に

次のいずれかの条件に該当する場合、フォールト トレランスをオンにするオプションは利用できません (淡色で表示)。

  • この機能がライセンス供与されていないホストに仮想マシンが配置されている。

  • メンテナンス モードまたはスタンバイ モードのホストに仮想マシンが配置されている。

  • 仮想マシンが切断されているか実態なしの状態である (.vmx ファイルにアクセスできない)。

  • この機能をオンにする権限がユーザーにない。

このタスクについて

Fault Tolerance がオンになると、vCenter Server は仮想マシンのメモリ制限の設定をリセットし、メモリ予約を仮想マシンのメモリ サイズに設定します。Fault Tolerance をオンのままにしていると、メモリの予約、サイズ、制限、vCPU 数、シェアを変更できません。また、仮想マシンのディスクを追加または削除することもできません。Fault Tolerance をオフにしても、変更されたパラメータは元の値に戻りません。

クラスタの管理者権限を持つアカウントを使用して、vSphere Web Client を vCenter Server に接続します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Fault Tolerance をオンにする仮想マシンに移動して参照します。
  2. 仮想マシンを右クリックし、Fault Tolerance > Fault Tolerance をオンにする を選択します。
  3. をクリックします。
  4. セカンダリ仮想マシンの構成ファイルを配置するデータストアを選択します。その後、次へ をクリックします。
  5. セカンダリ仮想マシンを配置するホストを選択します。その後、次へ をクリックします。
  6. 選択内容を確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

指定した仮想マシンはプライマリ仮想マシンとして設定され、セカンダリ仮想マシンがほかのホスト上に作成されます。これで、プライマリ仮想マシンはフォールト トレランス対応になりました。