仮想マシンの vSphere Fault Tolerance をサスペンドすると、Fault Tolerance の保護機能はサスペンドされますが、セカンダリ仮想マシンとその構成、およびすべての履歴は維持されます。Fault Tolerance の保護機能を今後再開する場合は、このオプションを使用します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Fault Tolerance をサスペンドする仮想マシンを参照します。
  2. 仮想マシンを右クリックし、Fault Tolerance > Fault Tolerance のサスペンド を選択します。
  3. はい をクリックします。

タスクの結果

選択した仮想マシンで、Fault Tolerance がサスペンドされます。すべての履歴および選択した仮想マシンのセカンダリ仮想マシンは保存され、今後再開されたときに使用されます。

次のタスク

Fault Tolerance をサスペンドした後に、機能を再開する場合は、Fault Tolerance の再開 を選択します。