vSphere HA クラスタのステータスと有効性を監視するには、次のベスト プラクティスを確認してください。

アラームの設定によるクラスタ変化の監視

vSphere HA または Fault Tolerance が、仮想マシンのフェイルオーバーなど可用性維持のための動作を行うときは、その変化に関する通知を受けられます。このような動作が行われたときに起動されるアラームを vCenter Server で構成し、指定された管理者グループにメールなどでアラートを送信させることができます。

デフォルトで、いくつかの vSphere HA アラームが利用できます。

  • フェイルオーバー リソース不足 (クラスタのアラーム)

  • マスターが見つかりません (クラスタのアラーム)

  • フェイルオーバー処理中 (クラスタのアラーム)

  • ホスト HA ステータス (ホストのアラーム)

  • VM 監視エラー (仮想マシンのアラーム)

  • VM 監視アクション (仮想マシンのアラーム)

  • フェイルオーバー失敗 (仮想マシンのアラーム)

注:

デフォルトのアラームには、vSphere HAの機能名が含まれています。

クラスタの妥当性の監視

有効なクラスタとは、アドミッション コントロール ポリシーに違反していないクラスタです。

vSphere HA が有効に設定されているクラスタが無効になるのは、パワーオンされた仮想マシンの数がフェイルオーバー要件を超えた場合、つまり、現在のフェイルオーバー キャパシティが、構成されたフェイルオーバー キャパシティよりも小さい場合です。アドミッション コントロールが無効な場合は、クラスタが無効になることがありません。

vSphere Web Client で、クラスタの 監視 タブから vSphere HA を選択し、構成の問題 を選択します。vSphere HA の現在の問題が一覧で表示されます。

vSphere HA の問題でクラスタが赤になっても、DRS の動作に影響はありません。