vSphere HA クラスタのマスター ホストは、スレーブ ホストの障害検出を行う責任があります。検出された障害のタイプによっては、ホストで実行中の仮想マシンをフェイルオーバーする必要があることがあります。

vSphere HA クラスタでは、3 種類のホスト障害が検出されます。

  • 障害 - ホストが機能を停止する。

  • 隔離 - ホストがネットワーク隔離される。

  • パーティション - ホストがマスター ホストとのネットワーク接続を失う。

マスター ホストは、クラスタ内のスレーブ ホストの稼動状態を監視します。この通信は、ネットワーク ハートビートを毎秒、交換することによって行われます。スレーブ ホストからのこのハートビートの受信が停止すると、マスター ホストはホストの稼動状態を確認してから障害を宣言します。マスター ホストは、スレーブ ホストがデータストアの 1 つとハートビートを交換しているかどうかを調べて稼動状態を確認します。データストア ハートビート を参照してください。また、ホストの管理 IP アドレスに送信された ICMP ping に反応するかどうかも確認します。

マスター ホストがスレーブ ホストのエージェントと直接、通信できない場合は、スレーブ ホストは ICMP ping に応答せず、そのエージェントはハートビートを送出しないので、障害とみなされます。このホストの仮想マシンは、代わりのホスト上で再起動されます。そのようなスレーブ ホストがデータストアとハートビートを交換している場合、マスター ホストは、そのスレーブ ホストがネットワーク パーティションにあるか、隔離されたネットワークにあると推測し、ホストと仮想マシンの監視を続行します。ネットワーク パーティション を参照してください。

ホストがネットワーク隔離されるのは、まだ実行中であっても、管理ネットワークの vSphere HA エージェントからのトラフィックを確認できない場合です。ホストがこのトラフィックを確認できなくなった場合は、クラスタの隔離アドレスに ping を試みます。ping にも応答がなかった場合、そのホストは自身をネットワークから隔離されたとみなします。

マスター ホストは、隔離されたホストで実行中の仮想マシンを監視します。仮想マシンがパワーオフし、マスター ホストが責任を負っている場合は、その仮想マシンを再起動します。

注:

ネットワークのインフラストラクチャを冗長にして、少なくとも 1 つのネットワーク パスを常に使用できるようにしておくと、ネットワークの隔離はほとんど発生しません。