レガシー Fault Tolerance を使用するには、仮想マシンの詳細オプションを構成する必要があります。

このタスクについて

レガシー FT は、まだ FT を使用していないシングル vCPU の仮想マシンでのみ使用することができます。レガシー FT を使用する各仮想マシンでレガシー FT を有効にするには、vm.uselegacyft の詳細オプションの値を true にする必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、仮想マシンを参照します。
  2. 仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
  3. 仮想マシン オプション タブをクリックします。
  4. 詳細 セクションを開き、構成パラメータ の横で 構成の編集 をクリックします。
  5. 行の追加 をクリックし、[名前] に vm.uselegacyft と入力し、[値] に true と入力します。
  6. [OK] をクリックします。

タスクの結果

これで、その仮想マシンでレガシー FT が有効になります。