vSphere Fault Tolerance (FT) は、ほとんどのミッション クリティカルな仮想マシンで使用できます。FT では、継続的に使用できる同一の仮想マシンを別に作成して維持し、フェイルオーバーの発生時にそのマシンで置き換えることにより、ミッション クリティカルな仮想マシンに継続的な可用性を提供します。

保護された仮想マシンは、プライマリ仮想マシンと呼ばれます。複製された仮想マシンであるセカンダリ仮想マシンは、別のホストで作成されて実行されます。セカンダリ仮想マシンは、プライマリ仮想マシンとまったく同じように実行され、いつでも中断されることなく引き継ぐことができます。これにより、フォールト トレランスの保護を実現します。

プライマリ仮想マシンとセカンダリ仮想マシンは、相互にステータスを監視して Fault Tolerance が確保されるようにします。プライマリ仮想マシンが稼動しているホストで障害が発生すると、透過的なフェイルオーバーが行われ、プライマリ仮想マシンの代わりにセカンダリ仮想マシンがすぐにアクティブになります。新しいセカンダリ仮想マシンが起動し、Fault Tolerance の冗長性が自動的に再確立されます。セカンダリ仮想マシンが稼動しているホストで障害が発生すると、その場合もすぐに置き換えられます。いずれの場合も、ユーザーはサービスの中断やデータの損失を意識しません。

フォールト トレランス対応の仮想マシン、およびそのセカンダリ コピーは、同じホスト上で実行することはできません。この制限により、ホストで障害が発生しても、仮想マシンが両方とも失われることがなくなります。

注:

また、仮想マシンとホスト間のアフィニティ ルールを使用して、どのホストで仮想マシンを実行できるかを指定できます。これらのルールを使用する場合は、このようなルールの影響を受けるプライマリ仮想マシンすべてにおいて、関連付けられているセカンダリ仮想マシンも同じルールの影響を受けることを理解しておきます。アフィニティ ルールの詳細については、ドキュメント『vSphere リソース管理』を参照してください。

フォールト トレランスでは、障害からのリカバリ後に 1 台の仮想マシンの 2 つのアクティブ コピーが存在する、「スプリット ブレーン」 状態が防止されます。共有ストレージでアトミック ファイル ロックを使用してフェイルオーバーが調整され、一方のみがプライマリ仮想マシンとして稼動を続け、新しいセカンダリ仮想マシンが自動的に再作成されます。

vSphere Fault Tolerance は、最大で 4 つの vCPU を持つ対称型マルチプロセッサ (SMP) 仮想マシンに対応できます。以前のバージョンの vSphere では、Fault Tolerance に異なる技術(現在のレガシー FT)が使用されており、要件と特性(レガシー FT 仮想マシンでのシングル vCPU の制限を含む)が異なります。それらの以前の要件との互換性が必要な場合は、代わりにレガシー FT を使用できます。ただし、このためには、各仮想マシンについて詳細オプションを設定する必要があります。詳細についてはレガシー Fault Toleranceを参照してください。