vSphere HA と他の機能との間で適切な相互運用性を可能にするには、次のベスト プラクティスを確認してください。

混在クラスタにおける vSphere HA および Storage vMotion の相互運用性

ESXi 5.x ホストと ESX/ESXi 4.1 以前のホストが存在するクラスタ、および Storage vMotion が広範に使用されるか ストレージ DRS が有効になっているクラスタの場合、vSphere HA をデプロイしないでください。vSphere HA がホストの障害に応答し、障害が発生する前に仮想マシンが実行されていたときと ESXi バージョンが異なるホストで仮想マシンを再起動する可能性があります。障害発生時に、仮想マシンが ESXi 5.x ホスト上での Storage vMotion アクションに関連していて、vSphere HA が ESXi 5.0 より前のバージョンのホストで仮想マシンを再起動した場合、問題が生じることがあります。仮想マシンはパワーオンする可能性がありますが、続くスナップショット処理で試みられる操作が vdisk 状態を破損し、仮想マシンが利用できないままになる恐れがあります。

vSphere HA を使用した Auto Deploy の使用

vSphere HA と Auto Deploy を合わせて使用し、仮想マシンの可用性を向上させることができます。Auto Deploy はホストがパワーオンする際にホストをプロビジョニングします。また、ブート時にそのようなホスト上の vSphere HA エージェントをインストールするように構成することも可能です。詳細については、『vSphere Installation and Setup』 に含まれている Auto Deploy ドキュメントを参照してください。

Virtual SAN を使用したクラスタ内のホストのアップグレード

vSphere HA クラスタ内の ESXi ホストをバージョン 5.5 以上にアップグレードし、さらに Virtual SAN も使用したい場合は、次のプロセスに従います。

  1. すべてのホストをアップグレードします。

  2. vSphere HA を無効にします。

  3. Virtual SAN を有効にします。

  4. vSphere HA を再度有効にします。