次のチェックリストに記載されているクラスタ、ホスト、仮想マシンの各要件は、vSphere Fault Tolerance を使用する前に認識しておく必要があります。

Fault Tolerance の設定前に、このリストを参照してください。

注:

フォールト トレラント仮想マシンのフェイルオーバーは vCenter Server とは無関係ですが、Fault Tolerance クラスタの設定には vCenter Server を使用する必要があります。

Fault Tolerance でのクラスタ要件

Fault Tolerance を使用する前に、次のクラスタ要件を満たしている必要があります。

  • Fault Tolerance のログおよび vMotion ネットワークが構成されている。ホスト マシンのネットワークの構成 を参照してください。

  • vSphere HA クラスタが作成され、有効です。「vSphere HA クラスタの作成および構成」を参照してください。フォールト トレランス対応の仮想マシンをパワーオンする前、またはフォールト トレランス対応の仮想マシンがすでにサポートされているクラスタにホストを追加する前に、vSphere HA が有効になっている必要があります。

Fault Tolerance でのホストの要件

Fault Tolerance を使用するには、次のホストの要件を満たしている必要があります。

  • ホストではサポートされるプロセッサを使用する必要があります。

  • ホストが Fault Tolerance 用にライセンスされている必要があります。

  • ホストが Fault Tolerance 用に認定されている。http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php を参照して、Search by Fault Tolerant Compatible Sets を選択し、使用するホストが認定されているかどうかを確認します。

  • 各ホストの構成で、BIOS のハードウェア仮想化 (HV) を有効にしている。

注:

FT 仮想マシンをサポートするために使用するホストでは、BIOS 電源管理設定を「Maximum performance」または「OS-managed performance」に切り替えることをお勧めします。

フォールト トレランスをサポートするために、クラスタ内のホストの互換性を確認するには、クラスタの作成とコンプライアンスのチェック に記載されているように、プロファイルのコンプライアンス チェックを実行することもできます。

Fault Tolerance での仮想マシンの要件

Fault Tolerance を使用する前に、次の仮想マシンの要件を満たしている必要があります。

  • サポートされていないデバイスが仮想マシンに接続されていない。Fault Tolerance の相互運用性 を参照してください。

  • フォールト トレランス対応の仮想マシンで、互換性のない機能が実行されていない。Fault Tolerance の相互運用性 を参照してください。

  • 仮想マシン ファイルが共有ストレージに格納されている。使用できる共有ストレージのソリューションには、ファイバ チャネル、(ハードウェアおよびソフトウェア) iSCSI、NFS、および NAS があります。

構成に関するその他の推奨事項

Fault Tolerance の構成時には、次のガイドラインにも従ってください。

  • 共有ストレージにアクセスするために NFS を使用している場合は、フォールト トレランスが正しく機能するのに必要なネットワーク パフォーマンスを得るために、少なくとも 1Gbit NIC の専用 NAS ハードウェアを使用する必要があります。

  • Fault Tolerance がオンになると、フォールト トレランス対応仮想マシンのメモリ予約は仮想マシンのメモリ サイズに設定されます。必ず、フォールト トレランス対応仮想マシンを含むリソース プールに仮想マシンのメモリ サイズより多くのメモリ リソースがあるように設定してください。リソース プールに余分なメモリがないと、オーバーヘッド メモリとして使用できるメモリがなくなる場合があります。

  • フォールト トレランス対応の仮想マシンごとに、最大 16 個の仮想ディスクを使用します。

  • 冗長性を確保し、フォールト トレランスによる最大限の保護を得るためには、クラスタ内に 3 台以上のホストを用意する必要があります。そうすることで、フェイルオーバー時に作成された新しいセカンダリ仮想マシンを収容するホストを確保できます。