選択したプライマリ仮想マシンにフェイルオーバーの状況を発生させ、Fault Tolerance による保護をテストできます。

このタスクについて

仮想マシンがパワーオフ状態の場合、このオプションは利用できません (灰色で表示)。

手順

  1. vSphere Web Client で、フェイルオーバーをテストするプライマリ仮想マシンに移動して参照します。
  2. 仮想マシンを右クリックし、Fault Tolerance > フェイルオーバーのテスト を選択します。
  3. タスク コンソールにフェイルオーバーに関する詳細が表示されます。

タスクの結果

このタスクでは、プライマリ仮想マシンに障害を発生させて、セカンダリ仮想マシンへのフェイルオーバーが行われることを確認します。新規のセカンダリ仮想マシンも起動し、プライマリ仮想マシンが保護済みの状態に戻ります。