vSphere HA クラスタ内の各仮想マシンには、仮想マシン再起動の優先順位、ホスト隔離時の対応、仮想マシンのコンポーネント保護、および仮想マシンの監視に対するクラスタのデフォルト設定が割り当てられます。これらのデフォルトを変更すると、仮想マシンごとに特定の動作を指定できます。仮想マシンがそのクラスタから離れると、これらの設定は失われます。

手順

  1. vSphere Web Client で、vSphere HA クラスタに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [設定] で 仮想マシンのオーバーライド を選択し、追加 をクリックします。
  4. + ボタンを使用して、オーバーライドを適用する仮想マシンを選択します。
  5. OK をクリックします。
  6. (オプション) : 自動化レベル仮想マシン再起動の優先順位ホスト隔離時の対応、VMCP 設定、仮想マシンの監視、または仮想マシンの監視感度などの設定を変更できます。
    注:

    まず 関連するクラスタ設定 を展開してから vSphere HA を展開することで、これらの設定についてクラスタのデフォルトを表示できます。

  7. OK をクリックします。

タスクの結果

これで、変更した各設定に関するこの仮想マシンの動作が、クラスタのデフォルトとは異なったものになります。