vSphere HA は、ESXi (または、レガシー ESX) ホストのクラスタのコンテキストで機能します。フェイルオーバーの保護を確立するには、事前にクラスタを作成し、そのクラスタにホストを配置して、vSphere HA の設定を構成しておく必要があります。

vSphere HA のクラスタを作成する場合には、機能がどのように作用するかを決定する多数の設定を構成する必要があります。これを実行する前に、クラスタのノードを確認します。これらのノードは、仮想マシンをサポートするリソースを提供する ESXi ホストで、vSphere HA は、これらのホストをフェイルオーバーの保護のために使用します。次に、これらのノードが互いにどのように接続されるか、および仮想マシンのデータが格納されている共有ストレージに対してどのように接続されるかを決定します。このネットワーク アーキテクチャが整備されると、クラスタにホストを追加し、vSphere HA の構成を完了できます。

クラスタに対してホスト ノードを追加する前に、vSphere HA を有効にして構成できます。ただし、クラスタにホストが追加されるまで、クラスタは十分に機能せず、クラスタの設定の中には使用できないものもあります。たとえば、フェイルオーバー ホストとして指定できるホストが存在しない場合は、フェイルオーバー ホストの指定アドミッション コントロール ポリシーは使用できません。

注:

仮想マシンの起動およびシャットダウン (自動起動) の機能は、vSphere HA クラスタ内にある (またはこのクラスタ内に移行された) ホスト上のすべての仮想マシンで無効になっています。vSphere HA とともに使用されるとき、自動起動はサポートされません。