仮想マシンのコンポーネント保護 (VMCP) が有効な場合、vSphere HA はデータストアのアクセス障害を検出して、影響を受ける仮想マシンの自動リカバリを実行できます。

VMCP では、vSphere HA クラスタ内のホストで実行される仮想マシンに影響を与えることがある、データストアのアクセシビリティ障害に対する保護が提供されます。データストアのアクセシビリティ障害が発生すると、影響を受けるホストは、特定データストアのストレージ パスにアクセスできなくなります。このような障害に対して vSphere HA が実行する対応を決定できます。対応はイベント アラームの作成から、別のホスト上での仮想マシンの再起動までの多岐にわたります。

注:

仮想マシン コンポーネント保護機能を使用するには、ESXi ホストがバージョン 6.0 以降である必要があります。

障害の種類

次に 2 種類のデータストアのアクセシビリティ障害があります。

PDL

PDL (Permanent Device Loss)。データストアがホストからアクセスできないことをストレージ デバイスが報告するときに発生する、回復不可能なアクセシビリティの喪失です。仮想マシンをパワーオフせずにこの状態を元に戻すことはできません。

APD

APD (All Paths Down)。一時的または不明なアクセシビリティの喪失、または I/O 処理に見られるその他の識別不可能な遅延です。この種類のアクセスの問題は回復可能です。

VMCP の構成

仮想マシン コンポーネント保護は vSphere Web Client で構成します。構成 タブで、vSphere の可用性編集 の順にクリックします。障害および対応 では、PDL (Permanent Device Loss) 状態のデータストア または APD 状態のデータストア を選択できます。選択可能なストレージ保護レベル、および使用可能な仮想マシンの修正操作は、データストアのアクセシビリティ障害の種類に応じて異なります。

PDL 障害

PDL (Permanent Device Loss) 状態のデータストア では、イベントの発行 または 仮想マシンをパワーオフして再起動 を選択できます。

APD 障害

APD イベントへの対応はより複雑なため、それに合わせて構成もよりきめ細かくなります。イベントの発行仮想マシンをパワーオフして再起動: 標準的な再起動ポリシー、または 仮想マシンをパワーオフして再起動: アグレッシブな再起動ポリシー を選択できます。

注:

ホストの監視または仮想マシン再起動の優先順位設定のいずれかが無効な場合、VMCP は仮想マシンの再起動を実行できません。ただし、ストレージの健全性を監視し、イベントを発行することができます。