実行中のアプリケーションに対してESXi ホストが堅牢なプラットフォームを提供する一方で、組織も、ハードウェアやアプリケーションの障害により生じる計画外のダウンタイムから自分自身を守る必要があります。vSphere は、ユーザーが計画外のダウンタイムを防止する際に役立つ重要な機能を、データセンターのインフラストラクチャに組み込みます。

これらの vSphere の機能は仮想インフラストラクチャの一部であり、仮想マシン上で動作するオペレーティング システムやアプリケーションに対して透過的です。これらの機能は構成可能で、物理システム上のすべての仮想マシンで利用されるため、高可用性を提供する際のコストと複雑さが軽減されます。vSphere に組み込まれている可用性の主要な機能は、次のとおりです。

  • 共有ストレージ。ファイバ チャネル SAN や iSCSI SAN、または NAS などの共有ストレージに仮想マシンのファイルを格納することで、単一点障害を除去します。SAN のミラーリングおよびレプリケーション機能を使用して、ディザスタ リカバリ サイトで仮想ディスクの更新コピーを維持できます。

  • ネットワーク インターフェイス チーミング。個々のネットワーク カード障害に対応します。

  • ストレージのマルチパス機能。ストレージのパス障害に対応します。

これらの機能に加え、vSphere HA 機能とフォールト トレランス機能は、システム停止からの迅速なリカバリと継続的な可用性をそれぞれが提供することで、計画外のダウンタイムを最小限にするか、排除することができます。