仮想マシンのクローン作成では、クローン元と同じ構成およびインストールされたソフトウェアを持つ、仮想マシンの複製を作成します。

始める前に

  • 仮想マシンのクローンを作成するには、vCenter Server に接続している必要があります。ESXi ホストに直接接続している場合、仮想マシンのクローンを作成することはできません。

  • 仮想マシンのゲスト OS をカスタマイズするには、ゲスト OS がカスタマイズの要件を満たしていることを確認します。ゲスト OS のカスタマイズ要件 を参照してください。

  • カスタマイズ仕様を使用するには、最初にカスタマイズ仕様を作成またはインポートする必要があります。

  • 新規仮想マシンのホスト名または IP アドレスを生成するためにカスタム スクリプトを使用するには、そのスクリプトを構成します。vSphere Client でのゲスト OS のカスタマイズ時にコンピュータ名および IP アドレスを生成するスクリプトの構成 を参照してください。

このタスクについて

オプションで、クローンのゲスト OS をカスタマイズして、仮想マシン名、ネットワーク設定、およびその他のプロパティを変更することもできます。これは、仮想マシンと同一のゲスト OS 設定を持つクローンとが同時にデプロイされる場合に起きる可能性のある競合を防止します。

手順

  1. 仮想マシンを右クリックして クローン作成 を選択します。
  2. 仮想マシン名を入力して場所を選択し、次へ をクリックします。
  3. 新規仮想マシンが実行されるホストまたはクラスタを選択します。

    オプション

    操作

    スタンドアロン ホストで仮想マシンを実行します。

    ホストを選択して、次へ をクリックします。

    DRS 自動配置機能を持つクラスタで仮想マシンを実行します。

    クラスタを選択して、次へ をクリックします。

    DRS 自動配置機能を持たないクラスタで仮想マシンを実行します。

    1. クラスタを選択して、次へ をクリックします。

    2. クラスタ内のホストを選択して、次へ をクリックします。

  4. 仮想マシンを実行するリソース プールを選択し、次へ をクリックします。
  5. 仮想マシン ファイルを保存するデータストアの場所を選択します。

    オプション

    アクション

    すべての仮想マシン ファイルをデータストア上の同じ場所に保存。

    1. 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから、仮想マシン ストレージ ポリシーを仮想マシンのホーム ファイルと仮想ディスクに適用します。

      リストには、選択した仮想マシン ストレージ ポリシーと互換性のあるデータストアおよび互換性のないデータストアが示されます。

    2. データストアを選択して、次へ をクリックします。

    すべての仮想マシン ファイルを同じデータストア クラスタに保存。

    1. 仮想マシン ストレージ ポリシー ドロップダウン メニューから、仮想マシン ストレージ ポリシーを仮想マシンのホーム ファイルと仮想ディスクに適用します。

      リストには、選択した仮想マシン ストレージ ポリシーと互換性のあるデータストアおよび互換性のないデータストアが示されます。

    2. データストアを選択して、次へ をクリックします。

    仮想マシン構成ファイルとディスクを別々の場所に保存。

    1. [詳細] をクリックします。

    2. 仮想マシン構成ファイルおよび各仮想ディスクについて、参照 をクリックし、データストアまたはデータストア クラスタを選択します。

    3. 次へ をクリックします。

  6. 仮想マシンのディスク用のフォーマットを選択します。

    オプション

    操作

    ソースと同じフォーマット

    ソース仮想マシンと同じフォーマットを使用します。

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているあらゆるデータは、作成中には消去されませんが、あとで仮想マシンにはじめて書き込むときにオン デマンドで消去されます。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック ディスクを作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは作成時に消去されます。このフォーマットでのディスクの作成には、ほかのタイプのディスクに比べて長い時間がかかることがあります。

    シン プロビジョニング

    シン プロビジョニング フォーマットを使用します。最初、シン プロビジョニング ディスクは、そのディスクが初期に必要とする領域のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になると、そこに割り当てられている最大容量まで拡張できます。

  7. ゲスト OS カスタマイズ オプションを選択します。

    オプション

    説明

    カスタマイズしない

    カスタマイズしない を選択し、次へ をクリックします。

    いずれのゲスト OS 設定もカスタマイズしません。すべての設定が、ソース仮想マシンの設定と同じままです。

    カスタマイズ ウィザードを使用してカスタマイズする

    カスタマイズ ウィザードが開き、ゲスト OS のカスタマイズ オプションを選択できます。

    このオプションを選択して、次へ をクリックし、カスタマイズ ウィザードを起動します。

    既存のカスタマイズ仕様を使用してカスタマイズする

    保存されているカスタマイズ仕様の設定を使用して、ゲスト OS をカスタマイズします。

    1. 既存のカスタマイズ仕様を使用してカスタマイズする を選択します。

    2. 使用するカスタマイズ仕様を選択します。

    3. このデプロイのみのために仕様に変更を加える場合は、カスタマイズ ウィザードを使用して、デプロイ前に一時的に仕様を調整する を選択します。

    4. 次へ をクリックします。

  8. 選択内容を確認し、仮想マシンをパワーオンするか仮想マシンの設定を編集するかを選択します。

    オプション

    アクション

    作成後にこの仮想マシンをパワーオンします。

    このオプションを選択して、終了 をクリックします。

    仮想マシンがデプロイ タスクの完了後にパワーオンします。

    仮想ハードウェアを編集します。

    1. このオプションを選択し、続行 をクリックします。

    2. 変更を行い、OK をクリックします。

タスクの結果

クローン作成された仮想マシンがデプロイされます。クローン作成が完了するまで、仮想マシンは使用することも編集することもできません。クローン作成に仮想ディスクの作成が含まれる場合、数分かかる場合があります。カスタマイズ前であれば、いつでもクローンの作成をキャンセルできます。