クローンは、仮想マシンのコピーです。テンプレートは、数多くのクローンの作成に使用可能な、仮想マシンのマスター コピーです。

仮想マシンのクローンを作成する場合は、その仮想マシン全体のコピーを作成します。 これには、その仮想マシンの設定、構成済みのすべての仮想デバイス、インストールされているソフトウェア、および仮想マシンのディスクの他の内容が含まれます。ゲスト OS のカスタマイズを使用して、コンピュータ名やネットワーク設定など、クローンのプロパティをいくつか変更するオプションもあります。

仮想マシンのクローンを作成すると、類似の数多くの仮想マシンをデプロイするときの時間を節約できます。各仮想マシンを個別に作成して構成するのではなく、単一の仮想マシンを作成して構成し、ソフトウェアをインストールして、仮想マシンのクローンを複数回作成できます。

頻繁にクローンを作成する仮想マシンを作成する場合は、その仮想マシンをテンプレートにします。テンプレートは、仮想マシンの作成とプロビジョニングに使用可能な、仮想マシンのマスター コピーです。テンプレートは、パワーオンも編集もできないため、通常の仮想マシンに比べ変更するのがより困難です。テンプレートは、複数回デプロイする仮想マシンの構成を保持する、より安全な方法を提供します。

仮想マシンのクローンを作成した場合、またはテンプレートから仮想マシンをデプロイした場合、クローン作成された結果の仮想マシンは、元の仮想マシンまたはテンプレートに依存しません。元の仮想マシンまたはテンプレートへの変更は、クローン作成された仮想マシンに反映されず、またクローン作成された仮想マシンへの変更は元の仮想マシンにもテンプレートにも反映されません。