ESXi に組み込まれた NFS クライアントは、TCP/IP 接続で NFS (Network File System) プロトコルを使用して、NAS サーバ上に存在する指定された NFS ボリュームにアクセスします。ESXi ホストは、そのボリュームをマウントし、ストレージとして使用することができます。vSphere では、NFS プロトコルのバージョン 3 および 4.1 をサポートしています。

通常、NFS ボリュームまたはディレクトリは、ストレージ管理者によって作成され、NFS サーバからエクスポートされます。NFS ボリュームは、VMFS などのローカル ファイル システムによってフォーマットする必要はありません。ボリュームを ESXi ホストに直接マウントし、VMFS データストアを使用する場合と同じ方法で仮想マシンを保存および起動できます。

NFS は、NFS データストアに仮想ディスクを格納するほかに、ISO イメージや仮想マシンのテンプレートなどの中央リポジトリとして使用できます。ISO イメージ用のデータストアを使用する場合は、仮想マシンの CD-ROM デバイスをデータストアの ISO ファイルに接続し、ISO ファイルからゲスト OS をインストールできます。

ESXi は、ほとんどの NFS ボリュームで次のストレージ機能をサポートしています。

  • vMotion および Storage vMotion

  • High Availability (HA) および Distributed Resource Scheduler (DRS)

  • Fault Tolerance (FT) およびホスト プロファイル

    注:

    NFS 4.1 では、レガシー Fault Tolerance をサポートしません。

  • 仮想マシンに CD-ROM として表示される ISO イメージ

  • 仮想マシンのスナップショット

  • 大容量の仮想ディスク、または 2TB を超えるディスクを持つ仮想マシン。NFS データストアに作成される仮想ディスクは、領域の予約操作をサポートするハードウェア アクセラレーションを使用している場合を除いて、デフォルトでシン プロビジョニングされます。NFS 4.1 では、ハードウェア アクセラレーションはサポートされていません。詳細については、NAS デバイスでのハードウェア アクセラレーション を参照してください。