手動で VMware Tools をアップグレードするか、仮想マシンを構成して VMware Tools の新しいバージョンがあるかを確認し、あればインストールすることができます。

仮想マシンをパワーオンすると、ゲスト OS が VMware Tools のバージョンをチェックします。新しいバージョンが使用可能な場合、 仮想マシンのステータス バーにメッセージが表示されます。

Windows 仮想マシンでは、アップグレードが使用可能になったときに通知するように VMware Tools を設定することができます。この通知オプションが有効になっている場合、VMware Tools のアップグレードが使用可能になると、黄色の警告マークがついた VMware Tools アイコンが Windows タスクバーに表示されます。

VMware Tools のアップグレードをインストールするには、最初に VMware Tools をインストールしたときと同じ手順を実行できます。VMware Tools をアップグレードすることは、新しいバージョンがインストールされることを意味します。

Windows および Linux ゲスト OS の場合、VMware Tools を自動的にアップグレードするように仮想マシンを構成できます。Windows ゲスト OS の場合、仮想マシンをパワーオンするとバージョン チェックが実行されますが、自動アップグレードは、仮想マシンをパワーオフまたは再起動したときに実行されます。アップグレードの実行中には、ステータス バーに「VMware Tools をインストールしています...」というメッセージが表示されます。

重要:

Linux ゲスト OS で VMware Tools をアップグレードしたら、新しいネットワーク モジュールが使用可能になります。ただし、ゲスト OS を再起動するか、ネットワークを停止して、VMware ネットワーク カーネル モジュールをアンロードしてから再ロードした後、ネットワークを再起動するまで、新しいネットワーク モジュールは使用されません。つまり、VMware Tools が自動的にアップグレードするように設定されていても、新しい機能を使用するためには、再起動するかネットワーク モジュールを再ロードする必要があります。

これにより、ネットワークの中断が回避され、SSH 経由で VMware Tools をインストールできるようになります。

Windows ゲスト OS で VMware Tools をアップグレードすると、WDDM グラフィックス ドライバが自動的にインストールされます。WDDM グラフィックス ドライバにより、ゲスト OS の電源設定でスリープ モードを使用してスリープ オプションを調整できるようになります。たとえば、コンピュータがスリープ状態になる時間を変更 というスリープ モード設定を使用してゲスト OS を構成し、一定時間が経過したら自動的にスリープ モードになるようにしたり、一定時間アイドル状態であった場合でもゲスト OS が自動的にスリープ モードに切り替わらないようにしたりできます。

vSphere 仮想マシンの場合、次のいずれかのプロセスを使用して、同時に複数の仮想マシンをアップグレードできます。

  • vCenter Server にログインして、ホストまたはクラスタを選択し、VMware Tools のアップグレードを実行する仮想マシンを 仮想マシン タブで指定します。

  • 仮想マシンの組織的なアップグレードをフォルダ レベルまたはデータセンター レベルで実行するには、Update Manager を使用します。

VMware 製品の特定のリリースにおけるいくつかの機能は、VMware Tools のインストールまたはそのリリースに含まれる VMware Tools のバージョンへのアップグレードを実行したかどうかに依存する場合があります。VMware Tools の最新バージョンへのアップグレードは必ずしも必要ではありません。VMware Tools の新しいバージョンは、複数のホストのバージョンと互換性があります。不要なアップグレードを避けるために、追加された機能や性能がお使いの環境にとって必要かどうかを評価します。

表 1. 仮想マシンの互換性のオプション

互換性

説明

ESXi 6.0 以降

この仮想マシン(ハードウェア バージョン 11)には、ESXi 6.0 以降との互換性があります。

ESXi 5.5 以降

この仮想マシン(ハードウェア バージョン 10)には、ESXi 5.5 以降との互換性があります。

ESXi 5.1 以降

この仮想マシン(ハードウェア バージョン 9)には、ESXi 5.1 以降との互換性があります。

ESXi 5.0 以降

この仮想マシン(ハードウェア バージョン 8)には、ESXi 5.0 および 5.1 との互換性があります。

ESX/ESXi 4.x 以降

この仮想マシン(ハードウェア バージョン 7)には、ESX/ESXi 4.x、ESXi 5.0、および ESXi 5.1 との互換性があります。

ESX/ESXi 3.5 以降

この仮想マシン(ハードウェア バージョン 4)には、ESX/ESX 3.5、ESX/ESX 4.x、および ESXi 5.1 との互換性があります。また、VMware Server 1.0 以降との互換性もあります。ESXi 5.0 上には ESX/ESXi 3.5 との互換性を持つ仮想マシンを作成することはできません。

詳細については、ご使用の VMware 製品のドキュメントを参照してください。