vSphere 標準スイッチに VMkernel ネットワーク アダプタ (NIC) を追加して、ホストにネットワーク接続を提供し、vSphere vMotion、IP ストレージ、Fault Tolerance、ロギング、Virtual SAN などのシステム トラフィックを処理できるようにします。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で ネットワーク を右クリックし、VMkernel NIC の追加 をクリックします。
  2. [Add new VMkernel interface(新しい VMkernel インターフェイスの追加)] ページで、VMkernel アダプタの設定を構成します。

    オプション

    説明

    ポート グループのラベル

    新しい VMkernel NIC を追加すると、新しいポート グループも追加されます。このポート グループの名前を指定します。

    VLAN ID

    VLAN ID を入力して、使用する VMkernel アダプタのネットワーク トラフィック用の VLAN を指定します。

    IP バージョン

    IPv4、IPv6、またはその両方を選択します。

    注:

    IPv6 オプションは IPv6 が有効になっていないホスト上には表示されません。

  3. (オプション) : IPv4 設定セクションを展開し、IP アドレスを取得する方法を選択します。

    オプション

    説明

    DHCP を使用して IP 設定を取得します

    IP 設定は自動的に取得されます。ネットワークには、DHCP サーバが存在する必要があります。

    固定 IP 設定を使用

    VMkernel アダプタの IPv4 アドレスおよびサブネット マスクを入力します。

    IPv4 での VMkernel デフォルト ゲートウェイおよび DNS サーバのアドレスは、選択した TCP/IP スタックから取得されます。

  4. (オプション) : IPv6 設定セクションを展開し、IPv6 アドレスを取得する方法を選択します。

    オプション

    説明

    DHCPv6

    DHCP を使用して IPv6 アドレスを取得します。ネットワークには、DHCPv6 サーバが存在する必要があります。

    自動構成

    ルータの通知を使用して IPv6 アドレスを取得します。

    固定 IPv6 アドレス

    1. アドレスの追加 をクリックして新しい IPv6 アドレスを追加します。

    2. IPv6 アドレスとサブネット プリフィックスの長さを入力します。

  5. ドロップダウン メニューから仮想スイッチを選択します。
  6. ドロップダウン メニューから TCP/IP スタックを選択します。

    VMkernel アダプタに TCP/IP スタックを設定した後で、その設定を変更することはできません。vMotion またはプロビジョニング TCP/IP スタックを選択する場合は、このスタックのみを使用して、ホストの vMotion またはプロビジョニング トラフィックを処理できます。デフォルト TCP/IP スタックの、vMotion 用のすべての VMkernel アダプタは、将来の vMotion セッションで無効になります。プロビジョニング TCP/IP スタックを使用する場合、デフォルトの TCP/IP スタックの VMkernel アダプタは無効になり、仮想マシンのコールド移行、クローン作成、スナップショット作成など、トラフィック プロビジョニングを含む一部の操作を実行できなくなります。

  7. (オプション) : ホストのデフォルト TCP/IP スタックの vMotion を有効にします。

    vMotion では、vMotion トラフィックを送信するネットワーク接続として、VMkernel アダプタが自身を別のホストにアドバタイズできます。デフォルト TCP/IP スタックの VMkernel アダプタ対して vMotion サービスが有効化されていない場合、または vMotion TCP/IP スタックを使用しているアダプタがない場合には、選択したホストへの vMotion による移行は実行できません。

  8. 選択内容を確認し、作成 をクリックします。