環境によっては、複数の vCenter Server インスタンスがさまざまな外部 Platform Services Controller インスタンスに登録され、データがレプリケートされる場合があります。vSphere Data Protection を使用して環境全体をバックアップおよびリストアすると、Platform Services Controller で障害が発生した場合でも、障害の発生した Platform Services Controller をリストアできます。

重要:

vCenter ServervCenter Server Appliance、および Platform Services Controller を含む仮想マシンのみバックアップおよびリストアできます。vSphere Data Protection を使用して、vCenter Server を実行している物理マシンをバックアップおよびリストアすることはできません。

  1. vSphere Data Protection アプライアンスをデプロイします。

    vSphere Data Protection の OVF テンプレートのデプロイ を参照してください。

  2. vSphere Data Protection の初期構成を完了します。

    vSphere Data Protection の構成 を参照してください。

  3. 外部 Platform Services Controller およびすべての vCenter Server インスタンスのイメージベースのバックアップを実行します。

    vSphere Data Protection でのバックアップ ジョブの作成 を参照してください。

    注:

    すべての vCenter Server および Platform Services Controller インスタンスを同時にバックアップします。

  4. (オプション)既存のバックアップ ジョブをすぐに実行するには、プロセスを手動で開始します。

    バックアップ ジョブの手動開始 を参照してください。

  5. Platform Services Controller に登録されている vCenter Server インスタンス間の接続を、機能する残りの外部 Platform Services Controller に再ポイントします。

    別の外部 Platform Services Controller への vCenter Server の再ポイント を参照してください。

    重要:

    vCenter ServerPlatform Services Controller の間の接続を再ポイントすると、すべてのバックアップ ジョブとレプリケーション ジョブが失われます。既存のリストア ポイントはそのまま残りますが、バックアップ ジョブとレプリケーション ジョブを再作成する必要があります。

  6. 障害の発生した Platform Services Controller をリストアします。

  7. Platform Services Controller を含む仮想マシンをパワーオンします。

    重要:

    Windows にインストールされた Platform Services Controller インスタンスの場合、仮想マシンの再起動を求められても、psc_restore スクリプトを実行するまでマシンを再起動しないでください。

  8. Platform Services Controller インスタンスにログインします。

    • アプライアンスとしてデプロイされた Platform Services Controller の場合、root として vCenter Server Appliance シェルにログインします。

    • Windows にインストールされた Platform Services Controller の場合、vCenter Server をインストールした仮想マシンに管理者としてログインします。

  9. Platform Services Controller サービスが実行されていないことを確認します。

    • アプライアンスとしてデプロイされた Platform Services Controller の場合、アプライアンス シェルで service-control --status --all コマンドを実行します。

    • Windows にインストールされた Platform Services Controller の場合、Windows の 開始 メニューから コントロール パネル > 管理ツール > サービス を選択します。

  10. psc_restore スクリプトを実行して Platform Services Controller をリストアします。

    オプション

    手順

    アプライアンスとしてデプロイされている Platform Services Controller の場合

    アプライアンス シェルで psc_restore スクリプトを実行します。

    psc_restore -u psc_administrator_username -p psc_administrator_password 
    注:

    引数を指定しない場合、閉じる前に、必要な引数の入力を求めるプロンプトが 3 回表示されます。

    Windows にインストールされている Platform Services Controller の場合

    1. Windows コマンド プロンプトから、psc_restore スクリプトに移動します。

      デフォルトでは、このスクリプトは C:\Program Files\VMware\vCenter Server\ にあります。

    2. psc_restore スクリプトを実行します。

      psc_restore -u psc_administrator_username -p psc_administrator_password  
      注:

      引数を指定しない場合、必要な引数が指定されていないことが通知された後、スクリプトが閉じられます。

  11. リストアされた Platform Services Controller のすべての Platform Services Controller サービスが実行されていることを確認します。

    • アプライアンスとしてデプロイされた Platform Services Controller の場合、アプライアンス シェルで service-control --status --all コマンドを実行します。

    • Windows にインストールされた Platform Services Controller の場合、Windows の 開始 メニューから コントロール パネル > 管理ツール > サービス を選択します。

  12. vCenter Server インスタンス間の接続をリストアされた Platform Services Controller に再ポイントし直します。

    別の外部 Platform Services Controller への vCenter Server の再ポイント を参照してください。

    重要:

    vCenter ServerPlatform Services Controller の間の接続を再ポイントすると、すべてのバックアップ ジョブとレプリケーション ジョブが失われます。既存のリストア ポイントはそのまま残りますが、バックアップ ジョブとレプリケーション ジョブを再作成する必要があります。