ESXi ホストを vSphere Auto Deploy で PXE 起動する前に、前提となるソフトウェアをインストールして、Auto Deploy が通信する DHCP サーバおよび TFTP サーバを設定する必要があります。

始める前に

  • Auto Deploy でプロビジョニングするホストが、ESXi のハードウェア要件を満たしていることを確認します。ESXi のハードウェア要件 を参照してください。

    注:

    EFI システムを BIOS 互換モードに切り替えないかぎり、Auto Deploy で EFI ホストのプロビジョニングを行うことはできません。

  • ESXi ホストに vCenter Server へのネットワーク接続があることと、すべてのポートの要件が満たされていることを確認します。vCenter ServerおよびPlatform Services Controllerに必要なポート を参照してください。

  • Auto Deploy 環境で VLAN を使用する場合は、エンド ツー エンドのネットワークを適切に設定する必要があります。ホストの PXE 起動時は、フレームに適切な VLAN ID をタグ付けするように UNDI ドライバを設定する必要があります。この設定は、BIOS で正しい変更を手動で行う必要があります。また、正しい VLAN ID で ESXi ポート グループを適切に構成する必要があります。環境内で VLAN ID がどのように使用されているかをネットワーク管理者に問い合わせます。

  • Auto Deploy リポジトリ用に十分なストレージがあることを確認します。Auto Deploy サーバは、必要なデータを保存するためにリポジトリを使用します。このデータには、ユーザーが作成するルールおよびルール セットや、ルール内で指定する VIB およびイメージ プロファイルが含まれます。

    ベスト プラクティスは、4 つのイメージ プロファイルに十分な領域と、ある程度の余分な空き領域を確保するために、2 GB を割り当てることです。1 つのイメージ プロファイルにつき、約 350 MB が必要です。使用するイメージ プロファイル数を検討することで、Auto Deploy リポジトリ用にどの程度の領域を予約するかを決定します。

  • DHCP サーバに対する管理者権限を取得します。このサーバは、起動元となるネットワーク セグメントを管理します。環境内の既存の DHCP サーバを使用することも、DHCP サーバをインストールすることもできます。Auto Deploy のセットアップで、gpxelinux.0 のファイル名を undionly.kpxe.vmw-hardwired で置き換えます。

  • PXE ベースのほかのデプロイ方法で行うように、ネットワークをセキュリティ保護します。Auto Deploy は、データを SSL 経由で転送して、不正な干渉やアクセスを防ぎます。しかし、PXE 起動の間は、クライアントや Auto Deploy サーバの整合性は確認されません。

  • リモートの Syslog サーバを設定します。Syslog サーバの構成の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』 ドキュメントを参照してください。リモートの Syslog サーバを使用するために起動する最初のホストを構成し、そのホストのホスト プロファイルをその他のすべてのデプロイ先ホストに適用します。必要であれば、vSphere Syslog Collector をインストールして使用します。これは vCenter Server サポート ツールであり、システム ログの記録のための統合アーキテクチャを提供し、ネットワーク ログと、複数のホストからのログの結合を有効にします。

  • ESXi Dump Collector をインストールし、すべてのコア ダンプが ESXi Dump Collector に向けられるように最初のホストを設定して、そのホストのホスト プロファイルをその他のすべてのホストに適用します。ESXCLI を使用した、ESXi Dump Collector の構成 を参照してください。

  • Auto Deploy サーバに IPv4 アドレスが設定されていることを確認します。Auto Deploy では、純粋な IPv6 環境のエンドツーエンドはサポートされません。PXE 起動のインフラストラクチャでは、IPv6 はサポートされません。デプロイ後に、IPv6 を使用するようにホストを手動で再構成し、それらのホストを IPv6 経由で vCenter Server に追加できます。ただし、ステートレスなホストを再起動すると、IPv6 構成は失われます。

手順

  1. vCenter Server をインストールするか、vCenter Server Appliance をデプロイします。

    Auto Deploy サーバは、管理ノードに含まれています。

  2. Auto Deploy サービスの起動タイプを構成します。
    1. vSphere Web Client を使用して、vCenter Server システムにログインします。
    2. vSphere Web Client のホーム ページで、管理 をクリックします。
    3. システム構成 で、サービス をクリックします。
    4. Auto Deploy を選択し、アクション メニューをクリックして、起動タイプの編集 を選択します。
      • Windows では、Auto Deploy サービスは無効になっています。起動タイプの編集 ウィンドウで、手動 または 自動 を選択して、Auto Deploy を有効にします。

      • vCenter Server Appliance では、Auto Deploy サービスはデフォルトで 手動 に設定されています。OS 起動時に Auto Deploy サービスを自動的に開始するには、自動 を選択します。

  3. TFTP サーバを構成します。
    1. vCenter Server システムに接続された vSphere Web Client で、インベントリ リストに移動して、vCenter Server システムを選択します。
    2. 管理 タブをクリックして 設定 を選択し、 Auto Deploy をクリックします。
    3. TFTP 起動 ZIP のダウンロード をクリックして TFTP 構成ファイルをダウンロードし、そのファイルを TFTP サーバがファイルを格納するディレクトリに解凍します。
  4. TFTP ZIP ファイルが配置されている TFTP サーバをポイントするように、DHCP サーバを設定します。
    1. TFTP サーバの IP アドレスを DHCP オプション 66 で指定します。このオプションは、next-server と呼ばれます。
    2. 起動ファイルの名前を指定します。これは、boot-filename と呼ばれる、DHCP オプション 67 の undionly.kpxe.vmw-hardwired です。
  5. Auto Deploy を使用してプロビジョニングする各ホストを、製造元の指示に従って、ネットワーク起動または PXE 起動に設定します。
  6. 使用するイメージ プロファイルと、そのイメージ プロファイルが配置されているデポを探します。

    ほとんどの場合、VMware がパブリックなデポに用意しているイメージ プロファイルを参照します。基本イメージにカスタムの VIB を含める場合は、vSphere ESXi Image Builder を使用してイメージ プロファイルを作成し、そのイメージ プロファイルを使用できます。

  7. イメージ プロファイルをホストに割り当てるルールを記述します。
  8. (オプション) : サムプリント モードを使用するように環境を設定した場合は、OpenSSL の証明書 rbd-ca.crt と OpenSSL のプライベート キー rbd-ca.key を独自の証明書とキーのファイルに置き換えると、独自の認証局 (CA) を使用できます。
    • Windows では、これらのファイルは Auto Deploy のインストール ディレクトリの SSL サブフォルダにあります。たとえば、Windows 7 のデフォルトは、C:\ProgramData\VMware\VMware vSphere Auto Deploy\ssl です。

    • vCenter Server Appliance では、これらのファイルは /etc/vmware-rbd/ssl/ にあります。

    vCenter Server 6.0 以降では、デフォルトで vSphere 認証局が使用されます。

タスクの結果

Auto Deploy 用に設定されているホストを起動すると、ホストは DHCP サーバに接続し、その接続は Auto Deploy サーバに転送されます。Auto Deploy サーバは、アクティブなルール セットで指定されたイメージ プロファイルを使用してホストをプロビジョニングします。

次のタスク

  • vSphere PowerCLI をインストールします。vSphere PowerCLI および前提となるソフトウェアのインストール を参照してください。

  • vSphere PowerCLI cmdlet を使用して、イメージ プロファイルとオプションのホスト プロファイルをホストに割り当てるルールを定義します。

  • 参照ホストとしてプロビジョニングする最初のホストを構成します。ターゲット ホスト同士で共有するストレージ、ネットワーク、およびその他の設定を使用します。参照ホスト用のホスト プロファイルを作成し、テスト済みのイメージ プロファイルとホスト プロファイルの両方をターゲット ホストに割り当てるルールを記述します。

  • Auto Deploy が既存のパーティションを上書きするようにする場合は、自動パーティショニングを行うように参照ホストを設定し、参照ホストのホスト プロファイルをほかのホストに適用します。パーティション方針の検討と実行 を参照してください。

  • ホストに固有の情報を構成する場合は、ユーザー入力を求めるプロンプトを表示するように、参照ホストのホスト プロファイルを設定します。vSphere Web Client でのホストのカスタマイズ を参照してください。