vCenter Server と外部の Platform Services Controller をインストールする場合は、Platform Services Controller インストール ウィザードに、インストール情報の入力を求めるメッセージが表示されます。製品の再インストールが必要になる場合に備えて、ここで入力した値を記録しておくことをお勧めします。

次のワークシートに、外部の Platform Services Controller をインストールするために必要な情報を記録してください。

表 1. 外部の Platform Services Controller をインストールするために必要な情報

必要な情報

デフォルト

入力内容

ローカル システムのシステム名。

ローカル システムの管理に使用するシステム名。システム名は FQDN にする必要があります。DNS を使用できない場合は、固定 IP アドレスを指定します。

新規の vCenter Single Sign-On ドメイン。

ドメイン名

vsphere.local

ユーザー名

管理者

インストール時にデフォルトのユーザー名を変更することはできません。

vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワード。

パスワード長は 8 文字以上 20 文字未満です。

パスワードは次の要件を満たしている必要があります。

  • 少なくとも 1 つの大文字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの小文字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの数字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの特殊文字(アンパサンド (&)、ハッシュ キー (#)、パーセント記号 (%) など)を含んでいること。

サイト名。

vCenter Single Sign-On サイトの名前。

vCenter Single Sign-On ドメインに参加します。

Platform Services Controller の FQDN または IP アドレス

既存の vCenter Single Sign-On ドメインとの通信に使用する HTTPS ポート

443

vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワード。

既存サイトを参加させるか、新規サイトを作成

参加させるサイトの名前、または新規サイトの名前。

HTTP ポート。

80

HTTPS ポート。

443

Syslog サービス ポート。

514

Syslog サービス TLS ポート。

1514

Secure Token Service ポート。

7444

ターゲット フォルダ。

  • Platform Services Controller のインストール先フォルダ。

  • Platform Services Controller のデータ保存先フォルダ。

インストール パスには、非 ASCII 文字(コンマ (,)、ピリオド (.)、感嘆符 (!)、ナンバー記号 (#)、アット記号 (@)、パーセント記号 (%))のいずれも含めることはできません。

  • デフォルトのインストール フォルダは、C:\Program Files\VMware です。

  • データ ストレージのデフォルト フォルダは、C:\ProgramData\VMware です。

VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) に参加するかどうかを選択できます。

CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの構成」セクションを参照してください。

CEIP に参加する