vSphere Data Protection の初期構成時に、vSphere Data Protection アプライアンスのネットワーク設定とタイム ゾーン情報を構成できます。vSphere Data Protection 構成 ウィザードを使用して、vSphere Data Protection アプライアンスを vCenter Server に登録します。

始める前に

  • vSphere Data Protection アプライアンスをデプロイします。

  • vSphere Data Protection の構成手順をすべて確認するには、『vSphere Data Protection 管理ガイド』を参照してください。

  • データストアに十分なディスク容量が存在することを確認します。アプライアンスの初期構成中にオプションのパフォーマンス分析テストを実行する場合は、各データストアのディスクごとに 41 GB の空き容量が必要です。十分な空き容量がなければ、読み取り、書き込み、シークのすべてのテストで 0 の値が報告され、容量が不十分であるという最終ステータスが表示されます。

  • vSphere Web Client を使用して、環境を管理する vCenter Server インスタンスに管理者としてログインします。

このタスクについて

注:

この手順は、vSphere Data Protection 6.0 を使用して完了します。別のバージョンの vSphere Data Protection を使用している場合は、手順が異なることがあります。

手順

  1. vSphere Web Client で、vCenter インベントリ リスト > 仮想マシン を選択します。
  2. vSphere Data Protection アプライアンスを右クリックして、コンソールを開く を選択します。

    インストール ファイルの読み込み後、vSphere Data Protection メニューのようこそ画面が表示されます。

  3. Web ブラウザで、次の vSphere Data Protection 構成ユーティリティ URL にアクセスします。

    https://ip_address_VDP_Appliance:8543/vdp-configure/

  4. root としてログインします。

    デフォルトのパスワードは changeme です。

    vSphere Data Protection 構成 ウィザードが表示されます。

  5. ウィザードの [ネットワーク設定] ページで、vSphere Data Protection アプライアンスのネットワークおよびサーバ情報を入力または確認して、次へ をクリックします。

    値は必ず正確に入力してください。正確に入力しなければ、初期構成は失敗します。

  6. vSphere Data Protection アプライアンスの適切なタイム ゾーンを選択して、次へ をクリックします。
  7. [VDP 認証情報] ページで仮想アプライアンスの新しい root のパスワードを選択して、次へ をクリックします。
  8. [vCenter の登録] ページで、次のように、アプライアンスを vCenter Server に登録します。
    1. vCenter ユーザー名 テキスト ボックスに、vCenter Server の管理者ユーザー名を入力します。たとえば、administrator@vsphere.local と入力します。

      ユーザーがドメイン アカウントに属している場合は、DOMAIN\UserName 形式を使用してユーザー名を入力します。

      重要:

      ユーザー プリンシパル名 (UPN) 形式で vCenter Single Sign-On 管理者のユーザー名を入力した場合は、vSphere Data Protection 操作に関連するタスクは vSphere Web Client の [最近のタスク] ペインに表示されません。vCenter Single Sign-On 管理者のユーザー名を使用する場合は、UPN 形式で vCenter Single Sign-On ユーザー名を入力してください。

    2. vCenter パスワード テキスト ボックスに、vCenter Server のパスワードを入力します。
    3. vCenter FQDN または IP アドレスを入力します。
    4. 必須: デフォルトの vCenter Server HTTP ポートを変更します。

      他のすべての通信で使用される HTTPS ポートではなく、HTTP ポート経由で vCenter Server に接続する必要がある場合は、HTTP ポートのカスタム値を入力します。

    5. vCenter HTTPS ポート(デフォルトは 443)を入力します。
    6. SSO 認証で vCenter を使用 チェック ボックスを選択します。
    7. (オプション) : テスト接続 をクリックします。

      接続の成功メッセージが表示されます。このメッセージが表示されない場合は、設定をトラブルシューティングして、正常に接続されたことを示すメッセージが表示されるまでこの手順を繰り返します。

  9. 次へ をクリックして、ウィザードの指示に従って構成を完了します。

次のタスク

特定のリテンション ポリシーとバックアップ スケジュールを使用して、バックアップ ジョブを作成します。詳細については、vSphere Data Protection でのバックアップ ジョブの作成を参照してください。