概念実証の設定を開始する前に、使用環境でハードウェア要件とソフトウェア要件が満たされており、設定に含まれるコンポーネント用に必要な権限を持っていることを確認します。

この概念実証の設定は、vCenter Server 6.0 以降に合わせてカスタマイズされています。旧バージョンの vCenter Server の場合は、対応する VMware ドキュメント センターに移動します。

概念実証の設定を行うには、システムが固有のソフトウェア要件とハードウェア要件を満たしている必要があります。

表 1. インストール前のチェックリスト

必要なソフトウェアとハードウェア

詳細

オペレーティング システム

Microsoft PowerShell があらかじめインストールされている、Windows Server 2008 R2 以降のシステムをサポートする Windows システム。サポートされるオペレーティング システムの完全なリストについては、『VMware vCenter Server インストールでサポートされるホスト OS』を参照してください。

vCenter Server

Windows システムにインストールするバージョン 6.0 以降。別の Windows システムに vSphere PowerCLI をインストールすることもできます。Auto Deploy サーバは、vCenter Server の一部です。vSphere PowerCLI は同じ Windows システムにインストールします。設定作業の多くは、コンソールに直接にログインするかまたはリモート デスクトップ (RDP) を使用する方法により、そのシステムにログインして実行します。

ストレージ

vCenter Server を実行する Windwos システムには、少なくとも 4GB の空き領域が必要です。可能であれば、2 つ目のボリュームまたはハード ドライブ。

サーバで LUN を検出できるように構成されたサーバおよびストレージ アレイを含む ESXi データストア(NFS、iSCSI、または FibreChannel)用のストレージ。

  • NFS または iSCSI 用のターゲット IP アドレスのリスト。

  • NFS または iSCSI 用のターゲット ボリューム情報のリスト。

ホスト情報(2 つ以上のホストの場合)

NFS または iSCSI 用のターゲット IP アドレスのリスト。

NFS または iSCSI 用のターゲット ボリューム情報のリスト。

  • デフォルトのルート、ネット マスク、およびプライマリ/セカンダリ DNS サーバの IP アドレス。

  • VMkernel プライマリ管理ネットワーク用の IP アドレスおよびネット マスク。

  • ストレージ、vSphere FT、または VMware vMotion などの、その他の VMkernel ネットワーク用の IP アドレスおよびネット マスク。

Auto Deploy では、既存のパーティションはデフォルトでは上書きされません。

vSphere PowerCLI

当社の Web サイトのダウンロード ページからダウンロードした vSphere PowerCLI インストーラのバイナリ。

ESXi ソフトウェア デポ

当社 Web サイトの [ダウンロード] ページでの ESXi ソフトウェア デポの場所。この場所に格納されているイメージ プロファイルをポイントする URL を使用するか、ローカル デポで使用する ZIP ファイルをダウンロードします。ESXi イメージはダウンロードしないでください。

TFTP サーバ

WinAgents の TFTP サーバなどの、TFTP インストーラ ソフトウェア。Windows Server 2008 に含まれる TFTP サーバは、Windows ネットワークのデプロイに密接に結び付けられているため、この設定には適しません。

DHCP サーバ

Windows Server 2008 に含まれている DHCP サーバは、この概念実証の設定に適しています。

Active Directory サーバ、DNS サーバ、DHCP サーバ、NTP サーバなどの、環境のコア サーバへの管理者権限に関する情報も必要です。

設定をデプロイするサブネットのブロードキャスト ドメインを完全に制御できる必要があります。このサブネットに、ほかの DHCP サーバ、DNS サーバ、または TFTP サーバがないことを確認します。