TFTP (Trivial File Transfer Protocol) は FTP サービスに似ており、通常は、システムのネットワーク起動や、ルータなどのネットワーク デバイスへのファームウェアの読み込みにのみ使用します。

ほとんどの Linux ディストリビューションには、tftp-hpa サーバのコピーが含まれています。サポートされているソリューションが必要な場合は、希望するベンダーからサポートされている TFTP サーバを購入してください。

TFTP サーバを Microsoft Windows ホストで実行する場合は、tftpd32 バージョン 2.11 以降を使用してください。http://tftpd32.jounin.net/ を参照してください。以前のバージョンの tftpd32 は、PXELINUX および gPXE との互換性がありませんでした。

TFTP サーバは、VMware Marketplace にあるアプライアンス パッケージのいずれかで取得することもできます。

PXELINUX と gPXE の環境では、ターゲット マシンで ESXi インストーラを起動できます。PXELINUX は、http://www.kernel.org/pub/linux/utils/boot/syslinux/ から入手できる SYSLINUX パッケージに含まれますが、多くの Linux ディストリビューションにも付属します。PXELINUX の多くのバージョンには gPXE も含まれます。Red Hat Enterprise Linux バージョン 5.3 などの一部のディストリビューションには、gPXE が含まれていない PXELINUX の旧バージョンが含まれます。

gPXE を使用しない場合、負荷の高いネットワーク上で ESXi のインストーラを起動する際に問題が発生することがあります。TFTP は、大量のデータを転送する際に確実性が低下する場合があります。gPXE なしで PXELINUX を使用する場合、pxelinux.0 バイナリ ファイル、構成ファイル、カーネル、およびその他のファイルは TFTP で転送されます。gPXE を使用する場合は、gpxelinux.0 バイナリ ファイルと構成ファイルだけが TFTP で転送されます。gPXE を使用すると、ESXi のインストーラの起動に必要なカーネルおよびその他のファイルを Web サーバを介して転送できます。

注:

VMware は PXELINUX バージョン 3.86 での PXE 起動をテストしています。これはサポートの制限を示すものではありません。PXE 起動のインフラストラクチャを設定する際に使用する、サードパーティ製エージェントのサポートについては、ベンダーにお問い合わせください。

図 1. PXE 起動のインストール プロセスの概要
PXE 起動の ESXi インストール プロセスは、ESXi ホスト、DHCP サーバ、TFTP サーバ、Web サーバ、およびスクリプト格納場所の間での、一連の相互作用として示されます。これらの相互作用によって、仮想ネットワーク アダプタ用の IP アドレス、ネットワーク ブート ローダ、カーネル、カーネル用の IP アドレス、およびインストール スクリプトが ESXi ホストに提供されます。