ESXi をソフトウェア iSCSI ディスクにインストールする場合は、ターゲットの iSCSI 修飾名 (IQN) を構成する必要があります。

始める前に

  • ターゲットの IQN が、iBFT BIOS のターゲット パラメータの設定で構成されていることを確認します。この設定は、ネットワーク インターフェイス カード (NIC) のオプションの ROM にあり、iSCSI LUN 用に使用されます。システムのベンダーが提供するドキュメントを参照してください。

  • iSCSI ターゲットに起動する iBFT アダプタ オプションを無効にします。この操作は、iSCSI ターゲットではなく、ESXi インストーラが確実に起動するために必要です。システムを起動したら、プロンプトの指示に従って iBFT アダプタにログインし、iSCSI ターゲットに起動するオプションを無効にします。システムと iBFT アダプタのベンダーが提供するドキュメントを参照してください。ESXi のインストールが完了したら、ESXi のインストール先の LUN から起動するオプションを再び有効にできます。

このタスクについて

システムの起動中に、システムは POST (Power-On Self Test) を実施し、システムの BIOS に指定されている順序でアダプタの起動を開始します。起動の順番が iBFT (iSCSI Boot Firmware Table) アダプタの番になると、アダプタはターゲットへの接続を試みますが、ターゲットからは起動しません。前提条件を参照してください。

iSCSI ターゲットへの接続に成功すると、iSCSI 起動ファームウェアは iSCSI の起動の構成を iBFT に保存します。次に起動するアダプタは、ESXi のインストール メディア (マウントされた ISO イメージまたは物理 CD-ROM のいずれか) である必要があります。

手順

  1. ESXi のインストール CD/DVD またはマウントされた ISO イメージから、対話形式のインストールを開始します。
  2. ディスクの選択画面で、iBFT BIOS のターゲット パラメータの設定で指定した iSCSI ターゲットを選択します。

    このメニューにターゲットが表示されない場合は、TCP/IP の設定とイニシエータの iSCSI IQN の設定が正しいことを確認します。ネットワークのアクセス制御リスト(ACL) を確認し、ターゲットにアクセスするための適切な権限がアダプタにあることを確認します。

  3. プロンプトの指示に従って、インストールを完了します。
  4. ホストを再起動します。
  5. ホストの BIOS 設定で、iBFT アダプタの BIOS 構成を入力し、iSCSI ターゲットから起動するようにアダプタのパラメータを変更します。

    システムのベンダーが提供するドキュメントを参照してください。

次のタスク

iBFT アダプタで、iSCSI ターゲットに起動するためのオプションを再び有効にします。これによって、ESXi をインストールした LUN からシステムが起動します。