最初のホストをプロビジョニングし、そのホストの vCenter Server 上の場所を確認して、設定のイメージ プロビジョニングの検証を完了できます。

始める前に

手順

  1. 最初の ESXi ターゲット ホストとして使用する物理ホストへのコンソール セッションを開き、ホストを起動して、正常に iPXE 起動されたことを示すメッセージを確認します。

    起動プロセス中に、DHCP がホストに IP アドレスを割り当てます。この IP アドレスは、事前に DNS サーバで指定した名前に一致します。ホストは Auto Deploy サーバに接続し、iPXE の tramp ファイルに示されている HTTP URL から ESXi のバイナリをダウンロードします。この tramp ファイルは、事前に TFTP_Root ディレクトリにダウンロードしておいたものです。Auto Deploy の各インスタンスは、TFTP サーバ用のカスタムの一連のファイルを作成します。

  2. vSphere Web Client を使用して、vCenter Server システムに接続します。

    この概念実証設定では、vCenter Server システムはローカルホストです。

  3. ホストおよびクラスタ をクリックします。
  4. 新しくプロビジョニングされるホストが vCenter Server インベントリ内にあることを、データ センター レベルで確認します。

    デフォルトでは、Auto Deploy は、起動プロセスの完了時にホストをデータ センター レベルで追加します。

次のタスク

問題が発生した場合は、Auto Deploy のトラブルシューティング を参照してください。

使用する最初のホストを参照ホストとして構成し、このホストのホスト プロファイルをその他のホストで使用するために保存します。概念実証参照ホストの構成 を参照してください。