vSphere 5.5 以降では、デバイス(バス アドレス)をデバイス名(エイリアス)に永続的にマッピングできます。デバイス エイリアス構成ホスト プロファイルを使用して、マッピングを変更できます。永続的なマッピングを使用すると、ステートレス ホストの準拠警告を避けることができます。また、ステートフル ホストにも役立ちます。

デフォルトでは、デバイス エイリアス構成ホスト プロファイルが選択されています。つまり、エイリアスは各デバイスに割り当てられます。たとえば、起動プロセス中にホストでいずれかの NIC が認識されない場合、NIC エイリアスは変更されなくなります。これは、スクリプトで管理する場合や、参照ホストからホスト プロファイルを適用する場合に役立ちます。

注:

エラーを回避するために、デバイス エイリアス構成ホスト プロファイルの無効化または編集は行わないでください。

すべてのホストで統一された一定のデバイス命名を行うには、同種のホストのみでデバイス エイリアス プロファイルを使用します。同種のホストとは、PCI バスで同じネットワークおよびストレージ カードを使用して同一に構成されているホストです。

注:

常に BIOS が最新のレベルに上げられます。旧バージョンの BIOS を使用しているシステムの場合、BIOS ではオンボード デバイスの正確な場所情報が提供されない可能性があります。ESXi では、これらのデバイスでもエイリアスを一定に保つため、この場合にはヒューリスティックが適用されます。これは、条件によっては機能しないこともあります(たとえば、BIOS 設定で変更を加えた場合やデバイスに障害が発生した場合など)。

デバイス エイリアス構成コンプライアンス エラー

ホストが完全に同種ではない場合(ホストの PCI カードや BIOS レベルが異なる場合など)、参照ホストからホスト プロファイルを適用すると、コンプライアンス チェックでコンプライアンス エラーが発生する可能性があります。コンプライアンス チェックでは、参照ホストに存在しないホストの追加デバイスは無視されます。デバイスが最も少ないホストを参照ホストとして選択してください。

コンプライアンス チェックでホストが完全に同種ではないことが示された場合、ハードウェア自体を変更しないとコンプライアンス エラーを修正できません。

コンプライアンス チェックでデバイスのエイリアス(vmhba3 などの名前)が参照ホストと異なることが示された場合、修正できる可能があります。

  • Auto Deploy でプロビジョニングされたホストを修正するには、ホスト プロファイルの修正を実行し、ホストを再起動します。

  • Auto Deploy でプロビジョニングされたホストを修正するには、ホストを再プロビジョニングします。

デバイス エイリアス プロファイルに対するシステムのアップグレード

5.5 より前のバージョンの ESXi では、デバイス エイリアス構成プロファイルは存在しません。旧バージョンの ESXiESXi 5.5 にアップグレードする場合、次の問題を考慮してください。

  • インストールされたホスト(Auto Deploy でプロビジョニングされていないホスト)の場合、ESXi ホストのアップグレードではエイリアスが保持されます。アップグレード後、BIOS から情報が提供される限りエイリアスは一定に保たれます。

  • Auto Deploy イメージでプロビジョニングされた ESXi ホストのクラスタをアップグレードする場合、ESXi 5.5 はエイリアスの生成に以前のバージョンと同じアルゴリズムを使用するため、エイリアスは変更されません。参照ホストの新しいホスト プロファイルを生成します。このホスト プロファイルには、デバイス エイリアス構成プロファイルが含まれています。参照ホストのホスト プロファイルを他のすべてのホストに適用するように Auto Deploy を設定し、クラスタ間でデバイス命名の一貫性を確保します。

  • システムをアップグレードする場合、BIOS をフラッシュしないでください。この操作でエイリアスが変更される可能性があります。最新レベルへの BIOS のフラッシュは、新規インストールの場合に適切です。