Auto Deploy の参照ホストのネットワークを設定し、そのホストのホスト プロファイルをその他すべてのホストに適用して、完全に機能するネットワーク環境を確保します。

始める前に

参照ホストとして使用するホストを、Auto Deploy で ESXi イメージを使用してプロビジョニングします。

手順

  1. vSphere Web Client でホストを選択し、ネットワーク タブをクリックします。
  2. ネットワークの設定を実行します。

    vSphere Distributed ではなく仮想スイッチを使用している場合は、vSwitch0 にほかの VMkernel NIC を追加しないでください。

  3. 参照ホストを構成したら、システムを再起動して vmk0 が管理ネットワークに接続されていることを確認します。
  4. ホストからホスト プロファイルを作成します。

次のタスク

  • 参照ホストで指定した設定でプロビジョニングするすべてのホストにホスト プロファイルを適用するルールを記述します。 ルールの記述とホストへのホスト プロファイルの割り当てを参照してください。

  • Auto Deploy ですでにプロビジョニングされたホストについては、コンプライアンス テストおよび修復処理を実施して、新しいホスト プロファイルでそれらのホストがプロビジョニングされるようにします。 ルールのコンプライアンスのテストおよび修復を参照してください。

  • プロビジョニングされていないホストを起動し、新しいホスト プロファイルを使用してそれらのホストがプロビジョニングされるようにします。