Platform Services Controller のデプロイ ウィザードに、デプロイ情報の入力を求めるメッセージが表示されます。製品の再インストールが必要になる場合に備えて、ここで入力した値を記録しておくことをお勧めします。

次のワークシートに、外部の Platform Services Controller をデプロイするために必要な情報を記録してください。

表 1. 外部の Platform Services Controller をデプロイするために必要な情報

必要な情報

デフォルト値

入力内容

Platform Services Controller アプライアンスがデプロイされる ESXi ホストまたは vCenter Server インスタンスの FQDN または IP。

  • ESXi ホストの FQDN または IP を使用する場合、ウィザードで ESXi ホストの管理権限を持つユーザー名とパスワードが求められます。

  • vCenter Server インスタンスの FQDN または IP を使用する場合、ウィザードで vCenter Server インスタンス、データ センターまたはデータ センター フォルダ、ESXi ホストのリソース プールまたはアプライアンスをデプロイする DRS クラスタの管理権限を持つユーザー名とパスワードが求められます。

Platform Services Controller アプライアンス名

例: Sample-Appliance-Name

vCenter Server Appliance オペレーティング システムの root ユーザーのパスワード。

パスワード長は 8 文字以上 20 文字未満です。

パスワードは次の要件を満たしている必要があります。

  • 少なくとも 1 つの大文字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの小文字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの数字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの特殊文字(ドル記号 ($)、ハッシュ キー (#)、アット記号 (@)、ピリオド (.)、感嘆符 (!) など)を含んでいること。

新規の Single Sign-On ドメイン

ドメイン名

vsphere.local

vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワード。

パスワード長は 8 文字以上 20 文字未満です。

パスワードは次の要件を満たしている必要があります。

  • 少なくとも 1 つの大文字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの小文字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの数字を含んでいること。

  • 少なくとも 1 つの特殊文字(アンパサンド (&)、ハッシュ キー (#)、パーセント記号 (%) など)を含んでいること。

サイト名。

vCenter Single Sign-On サイトの名前。

Single Sign-On ドメインへの参加。

Platform Services Controller の FQDN または IP アドレス

vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワード。

ポート番号

443

サイト名

Platform Services Controller アプライアンスのサイズ。

Platform Services Controller

デフォルトのオプションは変更できます。デプロイする仮想アプライアンスは、2 個の CPU と 2 GB のメモリが搭載されたものです。

Platform Services Controller アプライアンスのデプロイ先データストアの名前。

シン ディスク モードの有効化または無効化。

デフォルトでは無効

ネットワーク名。

IP アドレスの割り当て。

IPv4 または IPv6 のどちらか。

IPv4

ネットワーク タイプ。

IPv4 の場合は、DHCP または固定、IPv6 の場合は、DHCP または固定のいずれか。

DHCP

DHCP 設定によって割り当てられた IPv4 アドレス

FQDN

使用している環境で DDNS が有効化されていない場合、FQDN テキスト ボックスは空白のままにします。

SSH の有効化または無効化。

デフォルトでは無効

IPv4 静的割り当ての設定。

ネットワーク アドレス。

システム名(FQDN または IP アドレス)。

ローカル システムの管理に使用するシステム名。システム名は FQDN で指定する必要があります。DNS を使用できない場合は、固定 IP アドレスを指定します。

サブネット マスク。

ネットワーク ゲートウェイ。

ネットワーク DNS サーバのリスト(コンマ区切り形式)。

SSH の有効化または無効化。

デフォルトでは無効

DHCP 設定によって割り当てられた IPv6 アドレス

FQDN

DNS が有効化されていない場合、FQDN テキスト ボックスは空白のままにします。

SSH の有効化または無効化

デフォルトでは無効

IPv6 静的割り当ての設定。

FQDN

ネットワーク アドレス。

ネットワーク プリフィックス。

ネットワーク ゲートウェイ。

ネットワーク DNS サーバのリスト(コンマ区切り形式)。

SSH の有効化または無効化。

デフォルトでは無効

時刻同期設定。

アプライアンスの時刻は、ESXi ホストの時刻または NTP サーバを使用して同期できます。

NTP サーバの名前(コンマ区切り形式)。

時刻同期に NTP サーバを使用する必要があります。

VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) に参加するかどうかを選択できます。

CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの構成」セクションを参照してください。

CEIP に参加する