ImageProfileSoftwarePackage、および ImageProfileDiff の各オブジェクトの構造を知ることが、デプロイ プロセスやアップグレード プロセスの管理に役立ちます。

ImageProfile オブジェクトのプロパティ

ImageProfile オブジェクトには、次のプロパティがあります。このオブジェクトには、Get-EsxImageProfilevSphere PowerCLI cmdlet を使用してアクセスできます。

名前

タイプ

説明

AcceptanceLevel

AcceptanceLevel

プロファイルに追加できる VIB を決定します。レベルには、VMwareCertified、VMwareAccepted、PartnerSupported、および CommunitySupported があります。承認レベル を参照してください。

Author

System.String

プロファイルを作成したユーザーを表します。60 文字以下で指定します。

CreationTime

System.DateTime

作成時刻のタイムスタンプを表します。

Description

System.String

プロファイルのフル テキストの説明を表します。長さの制限はありません。

GUID

System.String

グローバルで一意なイメージ プロファイルの ID を表します。

ModifiedTime

System.DateTime

最終更新時刻のタイムスタンプを表します。

Name

System.String

イメージ プロファイルの名前を表します。80 文字以下で指定します。

ReadOnly

System.Boolean

true に設定すると、プロファイルを編集できません。カスタムのイメージ プロファイルを読み取り専用にするには、Set-EsxImageProfile -Readonly を使用します。

Rules

ImageProfileRule[]

イメージ プロファイルの OEM ハードウェア要件および制限事項を表します。vSphere Auto Deploy は、イメージ プロファイルをデプロイするときにこのプロパティの値を確認し、一致するハードウェアがある場合は、このプロファイルをデプロイします。

Vendor

System.String

プロファイルを発行する組織を表します。40 文字以下で指定します。

VibList

SoftwarePackage[]

イメージに含まれる VIB の ID リストを表します。

SoftwarePackage オブジェクトのプロパティ

イメージ プロファイルを準備する際、ソフトウェア パッケージを確認して、どのパッケージを含めるのが適切かを決定できます。SoftwarePackage オブジェクトには、次のプロパティがあります。

名前

タイプ

説明

AcceptanceLevel

AcceptanceLevel

この VIB の許容レベルを表します。

Conflicts

SoftwareConstraint[]

この VIB と同時にインストールできない VIB のリストを表します。各制約では、次の形式が使用されます。

package-name[<<|<=|=|>=|<< version]

Depends

SoftwareConstraint[]

この VIB と同時にインストールする必要のある VIB のリストを表します。制約の形式は、Conflicts プロパティと同じです。

Description

System.String

VIB の長い説明を表します。

Guid

System.String

VIB の一意の ID を表します。

LiveInstallOk

System.Boolean

この VIB のライブ インストールがサポートされる場合は true です。

LiveRemoveOk

System.Boolean

この VIB のライブの削除がサポートされる場合は true です。

MaintenanceMode

System.Boolean

この VIB をインストールするために、ホストをメンテナンス モードにする必要がある場合は true です。

Name

System.String

VIB の名前を表します。通常、実行中の ESXi システムのパッケージを一意に説明します。

Provides

SoftwareProvides

この VIB によって提供される仮想パッケージまたはインターフェイスのリストを表します。SoftwareProvide オブジェクトのプロパティ を参照してください。

ReferenceURLs

SupportReference[]

詳細なサポート情報を含む SupportReference オブジェクトのリストを表します。SupportReference オブジェクトには TitleURL の 2 つのプロパティがあり、どちらもタイプは System.String です。

Replaces

SoftwareConstraint[]

この VIB を置換または廃止する VIB を識別する SoftwareConstraint オブジェクトのリストを表します。VIB は自動的に同じ名前の、バージョンが低い VIB を置換します。

ReleaseDate

System.DateTime

VIB の発行またはリリースの日時を表します。

SourceUrls

System.String[]

この VIB をダウンロードできる、ソース URL のリストを表します。

StatelessReady

System.Boolean

パッケージがホスト プロファイルまたはその他の vSphere Auto Deploy と連携して使用できるようにするための技術をサポートしている場合は True。

Summary

System.String

1 行で表された VIB の概要を表します。

Tags

System.String[]

ベンダーまたは発行元によって定義された、このパッケージ向けの文字列タグの配列を表します。タグは、パッケージの特徴を識別するために使用できます。

Vendor

System.String

VIB のベンダーまたは発行元を表します。

Version

System.String

VIB のバージョンを表します。

VersionObject

Software.Version

VersionObject プロパティのタイプは SoftwareVersion です。SoftwareVersion クラスは、2 つのバージョンの文字列を比較するために静的な Compare メソッドを実装しています。を参照してください。SoftwareVersion オブジェクトのプロパティ

ImageProfileDiff オブジェクトのプロパティ

Compare-EsxImageProfile cmdlet の実行時に、ユーザーは 2 つのパラメータを渡します (1 つ目は参照プロファイルで、2 つ目は比較プロファイル)。この cmdlet は、ImageProfileDiff オブジェクトを返します。このオブジェクトには、次のプロパティがあります。

名前

タイプ

説明

CompAcceptanceLevel

System.String

Compare-EsxImageProfile に渡した 2 つ目のプロファイルの許容レベルを表します。

DowngradeFromRef

System.String[]

1 つ目のプロファイルの VIB のダウングレードである、2 つ目のプロファイル内の VIB のリストを表します。

Equal

System.Boolean

2 つのイメージ プロファイルのパッケージと許容レベルが同一の場合は True です。

OnlyInComp

System.String

Compare-EsxImageProfile に渡した 2 つ目のプロファイルにだけ見つかった VIB のリストを表します。

OnlyInRef

System.String[]

Compare-EsxImageProfile に渡した 1 つ目のプロファイルにだけ見つかった VIB のリストを表します。

PackagesEqual

System.Boolean

イメージ プロファイルに、同じ一連の VIB パッケージがある場合は True です。

RefAcceptanceLevel

System.String

Compare-EsxImageProfile に渡した 1 つ目のプロファイルの許容レベルを表します。

UpgradeFromRef

System.String[]

1 つ目のプロファイルの VIB のアップグレードである、2 つ目のプロファイル内の VIB のリストを表します。

SoftwareVersion オブジェクトのプロパティ

SoftwareVersion オブジェクトを使用すれば、2 つのバージョンの文字列を比較できます。このオブジェクトには、2 つの文字列を入力として受け入れ、最初のバージョンの文字列が 2 番目のバージョンの文字列より大きい数の場合は 1 を返す Compare の静的なメソッドが含まれています。2 つのバージョンの文字列が等しい場合、Compare0 を返します。2 番目のバージョンの文字列が最初の文字列より大きい数の場合、Compare-1 を返します。このオブジェクトには、次のプロパティがあります。

名前

タイプ

説明

Version

System.String

ハイフンより前のバージョンの部分。この部分はプライマリ バージョンを示しています。

Release

System.String

ハイフンよりあとのバージョンの部分。この部分はリリース バージョンを示しています。

SoftwareConstraint オブジェクトのプロパティ

SoftwareConstraint オブジェクトは、MatchesProvide メソッドを実装しています。このメソッドは、SoftwareProvides オブジェクトまたは SoftwarePackage オブジェクトを入力として受け入れ、制約が SoftwareProvide または SoftwarePackage に一致する場合は True を返し、それ以外の場合は False を返します。

SoftwareConstraint オブジェクトには、次のプロパティがあります。

名前

タイプ

説明

Name

System.String

制約の名前を表します。この名前は対応する SoftwareProvideName プロパティに一致する必要があります。

Relation

System.String

enum、または <<、<=、=、>=、>> の比較識別子のいずれか。制約に Relation および Version プロパティがない場合、このプロパティは $null にできます。

Version

System.String

制約が一致するバージョン。制約に Relation および Version プロパティがない場合、このプロパティは $null にできます。

VersionObject

SoftwareVersion

SoftwareVersion オブジェクトによって表されるバージョン。

SoftwareProvide オブジェクトのプロパティ

SoftwareProvide オブジェクトには、次のプロパティがあります。

名前

タイプ

説明

Name

System.String

プロバイダの名前を表します。

Version

System.String

プロバイダのバージョンを表します。プロバイドがバージョンを指定していない場合、$null にできます。

Release

System.String

SoftwareVersion オブジェクトによって表されるプロバイダのバージョンを表します。SoftwareVersion オブジェクトのプロパティ を参照してください。