以前に確認したイメージ プロファイルと作成したホスト プロファイルを、すべてのターゲット ホストに適用するルールを作成できます。

始める前に

このタスクについて

この作業では、Microsoft PowerShell および vSphere PowerCLI に関する基本的知識があることを想定しています。

手順

  1. vCenter Server が管理者権限でインストールされている Windows システムのコンソールに対し、直接または RDP を使用してログインします。
  2. PowerCLI セッションを開始して次のコマンドをプロンプトで入力し、Enter を押します。
    Connect-VIServer -Server your_vc_hostname -User username -Password password
    						Add-EsxSoftwareDepot path:\VMware-Esxi-version-xxxxx-depot.zip
    					

    ダウンロード済みの ZIP ファイルの完全パスとファイル名を含めます。新しく PowerCLI セッションを開始するたびに、ソフトウェア デポを追加する必要があります。

  3. (任意) アクティブなルールセットのルールを表示するには、プロンプトで次の cmdlet を入力し、Enter を押します。

    Get-DeployRuleset

  4. 選択したイメージと、参照ホストから作成したホスト プロファイルを使用して、指定された IP の範囲に含まれる一連のホストをプロビジョニングするように、Auto Deploy に指示するルールを作成するには、次のコマンドを入力し、Enter を押します。

    New-DeployRule -name "Production01Rule" -item "image_profile", ESXiGold,target_cluster -Pattern "ipv4=IP_range"

    オプション

    説明

    image_profile

    最初のデプロイ ルールで使用された ESXi イメージ プロファイル。

    target_cluster

    すべてのホストの追加先となる vCenter Server 内のクラスタの名前。

    IP_range

    イメージ プロファイルおよびホスト プロファイルを使用してプロビジョニングするホストの 1 つの IP アドレスまたは IP アドレス範囲。

    ターゲット クラスタを指定する場合は、クラスタ内のすべてのホストにホスト プロファイルが適用されます。各ホストにホスト プロファイルを適用する必要はありません。

  5. アクティブなルールセットに新しいルールを追加します。

    Add-DeployRule -DeployRule "Production01Rule" <Enter>

  6. (任意) 最初の起動操作用に作成したデプロイ ルールを削除します。

    Remove-DeployRule -DeployRule InitialBootRule <Enter>

  7. アクティブなルールセットを確認します。

    Get-DeployRuleset <Enter>

    次の例のような情報が PowerCLI に表示されます。

    Name:              Production01Rule
    PatternList:       {ipv4=address_range}
    ItemList:          {ESXi-version-XXXXXX-standard, Compute01, ESXiGold}

次のタスク

すべてのホストをプロビジョニングし、各ホストにホストのカスタマイズを設定します。すべてのホストのプロビジョニングとホストのカスタマイズの設定 を参照してください。