デフォルトの動作は、DHCP を使用した、ESXi 管理ネットワークの構成です。インストールの完了後に、デフォルトの動作をオーバーライドし、管理ネットワーク用の固定 IP 設定を使用できます。

表 1. ESXi がサポートするネットワーク構成シナリオ

使用例

アプローチ方法

DHCP 構成の IP 設定を受け入れる。

ESXi ダイレクト コンソールで、ESXi 管理インターフェイスに DHCP 経由で割り当てられた IP アドレスを確認できます。この IP アドレスは、vSphere Web Client からホストに接続して、管理 IP アドレスの変更を含む設定のカスタマイズを行うために使用できます。

次のいずれかに当てはまる場合

  • DHCP サーバがない。

  • ESXi ホストが DHCP サーバに接続されていない。

  • 接続している DHCP サーバが正常に機能していない。

自動構成段階中に、ソフトウェアによってサブネット 169.254.x.x/16 内のリンク ローカル IP アドレスが割り当てられます。割り当てられた IP アドレスがダイレクト コンソールに表示されます。

リンク ローカル IP アドレスは、ダイレクト コンソールを使用して固定 IP アドレスを構成すると、オーバーライドできます。

ESXi ホストは作動中の DHCP サーバに接続されているが、DHCP 構成の IP アドレスを使用したくない。

自動構成段階中に、ソフトウェアによって DHCP 構成の IP アドレスが割り当てられます。

最初の接続は、DHCP 構成の IP アドレスを使用して確立できます。そのあとで、固定 IP アドレスを構成できます。

ESXi ホストに物理的に接続している場合、ダイレクト コンソールを使用して固定 IP アドレスを構成し、DHCP 構成の IP アドレスをオーバーライドできます。

導入しているセキュリティ ポリシーによって、ネットワーク上で構成されていないホストの起動が許可されない。

ネットワークに接続されていないホストのネットワーク設定の構成 の設定手順に従ってください。