デフォルトでは、ホストでパーティションが使用できる場合にのみ、Auto Deploy はホストをプロビジョニングします。Auto Deploy でプロビジョニングするすべてのホストに対して自動パーティショニングを行うように参照ホストを設定できます。

始める前に

  • 参照ホストとして使用するホストを、Auto Deploy で ESXi イメージを使用してプロビジョニングします。

  • vCenter Server システムに接続できる vSphere Web Client にアクセスできることを確認します。

このタスクについて

注意:

自動パーティショニングのデフォルトの動作を変更すると、パーティションの内容に関係なく既存のパーティションが Auto Deploy によって上書きされます。このオプションをオンにする場合は、誤ってデータが失われないことを確認してください。

自動パーティション化の際にローカル SSD がパーティション化されないようにするには、参照ホストでパラメータ skipPartitioningSsds=TRUE を設定する必要があります。

自動パーティション化の際に SSD のフォーマットを避けるための詳細については、『vSphere ストレージ』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client で参照ホストとして使用するホストを選択し、管理 をクリックします。
  2. 設定 をクリックします。
  3. システム をクリックしてシステム オプションを開き、システムの詳細設定 をクリックします。
  4. VMkernel.Boot.autoPartition までスクロールし、値を true に設定します。
  5. (オプション) : ローカル SSD がパーティション化されないようにするには、VMkernel.Boot.skipPartitioningSsds までスクロールし、値を true に設定します。
  6. 参照ホストにホスト プロファイルが存在しない場合は、この時点で作成します。
  7. Auto Deploy PowerCLI を使用して、参照ホストのホスト プロファイルを起動時にすべてのホストにすぐに適用するルールを作成します。

タスクの結果

自動パーティショニングは、ホストが起動すると実行されます。