Auto Deploy を使用したプロビジョニングを実施したことがないホスト (最初の起動) のプロビジョニングは、それ以降の起動でのプロセスとは異なります。ホストを準備し、その他すべての前提条件を満たしてから、ホストをプロビジョニングする必要があります。Image Builder PowerCLI cmdlet を使用して、カスタムのイメージ プロファイルを任意で定義することができます。

始める前に

  • ホストが ESXi ホストのハードウェア要件を満たしていることを確認します。

    ESXi のハードウェア要件 を参照してください。

  • vSphere Auto Deploy 用にシステムを準備します (vSphere Auto Deploy の準備 を参照)。

  • ホストにイメージ プロファイルを割り当てるルールを記述し、任意で、ホストにホスト プロファイルと vCenter Server の場所を割り当てます。PowerCLI cmdlet を使用した Auto Deploy の管理 を参照してください。

    Auto Deploy サーバおよび PowerCLI をインストールし、DHCP を設定し、プロビジョニング対象のホストのルールをアクティブなルール セットに含めると、設定が完了します。

手順

  1. ホストを起動します。

    ホストは DHCP サーバに接続し、サーバがポイントする場所から iPXE をダウンロードします。次に、ルール エンジンで指定されたイメージを使用して、Auto Deploy サーバがホストをプロビジョニングします。Auto Deploy サーバは、ルール セットで指定されている場合は、ホスト プロファイルをホストに適用する場合があります。最後に、Auto Deploy は、ルール セットで指定されている vCenter Server システムにホストを追加します。

  2. (オプション) : Auto Deploy が、IP アドレスなどのユーザー入力を要求するホスト プロファイルを適用する場合、ホストはメンテナンス モードになります。vSphere Web Client でホスト プロファイルを再び適用して、プロンプトが表示されたらユーザー入力を行います。

タスクの結果

最初の起動プロセス後は、ホストは実行され、vCenter Server システムによって管理されます。vCenter Server はホストのイメージ プロファイル、ホスト プロファイル、および場所の情報を保存します。

これで、必要に応じてホストを再起動できます。再起動するたびに、ホストは vCenter Server システムによって再びプロビジョニングされます。

次のタスク

必要に応じてホストを再プロビジョニングします。ホストの再プロビジョニング を参照してください。

イメージ プロファイル、ホスト プロファイル、またはホストの場所を変更する場合は、ルールをアップグレードし、コンプライアンスのテストと修復操作を行います。ルールのコンプライアンスのテストおよび修復 を参照してください。