参照ホストの ESXi Dump Collector を、esxcli を使用して、または vSphere Web Client のホスト プロファイルのパネルから直接設定することができます。 ホスト プロファイルをエクスポートし、そのプロファイルを Auto Deploy でプロビジョニングするすべてのホストに適用するルールを記述できます。

始める前に

vSphere Auto Deploy を使用してプロビジョニングされる複数のホストからのコア ダンプ用に、少なくとも 1 つのパーティションで十分なストレージ機能があることを確認します。

このタスクについて

esxcli system coredump コマンドを使用して、ESXi Dump Collector を使用するホストを設定し、そのホストのホスト プロファイルを保存することがベスト プラクティスです (ESXCLI を使用した、ESXi Dump Collector の構成 を参照)。 GUI を使用する場合は、ホスト プロファイル インターフェイスから ESXi Dump Collector を設定します。

手順

  1. vSphere Web Client で、ルールおよびプロファイル をクリックして、ホスト プロファイル をクリックします。
  2. プロファイルを新しく作成する場合は、ホストからプロファイルを作成 アイコンをクリックします。または、変更するプロファイルを右クリックして、ホスト プロファイルの編集 を選択します。
  3. 名前と説明をそのままにして、次へ をクリックします。
  4. ネットワーク構成 を選択します。
  5. ネットワーク コアダンプの設定 を選択します。
  6. 有効化 チェック ボックスをクリックします。
  7. 使用するホスト NIC、ネットワーク コアダンプ サーバ IP、ネットワーク コアダンプ サーバ ポートを指定します。
  8. 終了 をクリックしてホスト プロファイルの設定を保存します。

次のタスク

  • 参照ホストで指定した設定でプロビジョニングするすべてのホストにホスト プロファイルを適用するルールを記述します。 ルールの記述とホストへのホスト プロファイルの割り当てを参照してください。

  • Auto Deploy ですでにプロビジョニングされたホストについては、コンプライアンス テストおよび修復処理を実施して、新しいホスト プロファイルでそれらのホストがプロビジョニングされるようにします。 ルールのコンプライアンスのテストおよび修復を参照してください。

  • プロビジョニングされていないホストを起動し、新しいホスト プロファイルを使用してそれらのホストがプロビジョニングされるようにします。